カテゴリー:ワークス /最近の仕事, 現場, 縁側サロンのある家 2015年09月9日

IMG_9658
◆施主ご夫妻はリビングとキッチン部分の床暖房範囲を
 実際の場所で再確認中。

リフォーム住宅「縁側サロンのある家」の現場。

主要構造の基礎や耐力壁(耐力を担う壁)が概ね施工され
目指している屋内の雰囲気が、
皆で想像・共有出来るようになってきました。

調度良いタイミングと考え、
施主・施工・デザイン監修(古川)の3者で現場に集合し、
収納棚や屋内建具の再検討など、屋内造作の打合せを
行えるようお願いしました。
間取りを変えないリビングでは、置き家具の再配置と
コンセント位置の確認なども出来ました。

「縁側サロン」では、
その利活用が、まだまだ試行錯誤の只中。
現場進行中に撮影したスナップ写真を加工し、
書棚構成のバリエーション資料を作成。
実際の場所に持参し、実物と資料を皆で見ながら、
色々な観点からアイディアを出し合いました。
リフォームだからこそ出来る、検討手法かもしれません。
「様々な気付き」のあった打合せでした。

IMG_9546
IMG_9688
◆現場写真を使った「縁側サロン」の書棚検討資料。

IMG_0246
◆構造用合板による耐力壁(耐力を担う壁)の構造補強。
既存には無かった、床断熱材の敷設工事も概ね終了。
安心安全な住まいを目指します!

タグ:, , , ,

カテゴリー:ワークス /最近の仕事, 日常, 永く楽しむ家, 現場, 設計 2015年09月8日

20150908_3
◆和やかな雰囲気のなか工事契約を進めて頂きました。

春より進めて参りました、
リフォーム住宅「永く楽しむ家」
先日、実施設計が終了し、
同じ図面で、施工会社様3社に見積りを依頼。
精査・検討を行って参りました。(相見積り)

本日は、決定しました長野市の飯島建設株式会社様と
施主ご夫妻との工事契約に、設計者として立ち会いました。
場所は、工事を行うお住まい。
改築ならではの工事の段取り、ご契約内容や
ご入金の日程など、皆で一つ一つ丁寧に確認出来ました。

20150908_2
◆激しく割れた床の間の壁。

本件は、2014年11月22日に発生しました、
長野県神城断層地震により被災した個人住宅を
より永く楽しく住まう家に全改築する
震災再生リフォーム住宅プロジェクトです。
和やかな工事契約の一方で、お住まいの切迫した状況を、
皆で再確認するという貴重な機会でもありました。

既存の庭、自然通風や採光を活かした心地良さ、
バリアフリー化やご親族皆が集まり楽しめる住まい
を目指し、いよいよ着工です!

20150908_1
◆随所にみられる外壁の亀裂。屋根や外壁からの
雨水進入も心配されます。

 

タグ:, , , , ,

カテゴリー:現場, 縁側サロンのある家 2015年09月7日

20150827_2

リフォーム住宅「縁側サロンのある家」

屋根工事に着手。
安全性、経済性、工期などの問題を乗り越える方法を
検討した結果、温存した既存屋根仕上げを下地とし
アスファルトシート防水を施した上から
新たな屋根材仕上げ(ガルバリウム鋼板)をかぶせる
「カバー工法」を採用しています。

20150827_1
20150824_3

例えば、屋根軒先をカバーする材を確認。
屋根材全般は、地上で可能な限り加工し、
そのまま仮設リフトで、屋根上まで運び上げます。

20150827_4
20150827_5

タグ:

カテゴリー:ワークス /最近の仕事, 現場, 緑景の家 2015年09月6日

20150906_2

現場にサンプルを持ち込み、
実際の空間に身をおきながら、屋外仕上げの「色」を
検討する打合せ。

サンプルを確認しながら、施主・施工・設計の3者で
ざっくばらんに意見交換。
それぞれの立場で、納得のいく選定が出来たと思います。

例えば外壁は、当初から施主ご夫妻が、
ざっくりイメージしていた「墨色」に決定。
仕上がりが楽しみです。

20150906_1
◆屋根、外壁、窓サッシなどのサンプルを現場に用意。

20150906_3
◆説明中のわたくし。撮影:中山建設 中山さん

タグ:, , , ,

カテゴリー:日常, 街歩きブログ 2015年09月4日

20150904_1

ご近所の保育園に、ピンクのかわいい車両が到着。
「ヨコハマ3R夢(スリム)」の大きな文字。
目前の実演を、歓声を上げながら見守る子供たちは、
とっても楽しそうです。

3R夢の「3R」は、
Reduce リデュース(ごみそのものを減らす)
Reuse リユース(再利用する)
Recycle リサイクル(再生利用する)のコト。

ゴミを減らすスリム、横浜の3Rを目指す、
「夢」のある社会ということでしょうか。
なるほど。

小さな子供たちが、きっと何かを感じ、
創造力を膨らませる機会となっているはず。
良い取組みですね。

20150904_2

タグ:, ,

カテゴリー:ワークス /最近の仕事, 設計, 雪深い町の家 2015年09月1日

20150820_1
◆北陸新幹線「かがやき」車中でイメージスケッチ。

2mの積雪がある信州の豪雪地域。
既存住宅の建替えとして進めて参りました
新築住宅「雪深い町の家」。
テーマは、雪深い町で快適に住まう工夫です。

例えば、出来るだけ屋根の雪下ろし作業の無いよう、
自然落雪する屋根形の追求。また特に、厳しい冬を快適に
過ごすための空間として「サンルームと縁側と風除室」
の魅力を合わせ持った住空間の実現を目指し、
いよいよ、実施設計です。

20150830_1
◆施主ご夫妻は、基本設計概ね終了の確認のため長野から
 横浜にある私の事務所まで訪ねて下さいました。
 ありがとうございました。

20150815_1
20150820_2
◆建替えによる外観イメージ画。
 住まいの正面に、何やら煙突が?!
 屋内外とも、楽しみな構成となりそうです。

 

タグ:, , , ,

カテゴリー:ワークス /最近の仕事, 現場, 緑景の家 2015年08月31日

20150831_2

新築住宅「緑景の家」
祝 上棟!緑豊かな敷地に、トントン、カンカン。
大工さんの声も響きわたります。
施主ご家族も全員掛けつけて下さいました。
立ち合える喜びと共に、皆様おめでとうございます!

建物まわりは、比較的ゆとりある敷地なのですが
夏季ゆえ樹木の枝葉が繁茂し、作業がしにくい場所も
あります。

20150831_1
20150831_3

2階に着手するあたりで、ランチタイム休憩。
施主ご家族に、美味しいお弁当をご馳走して頂き、
べニア板の大テーブルを囲んだお昼ご飯となりました。

屋根を支える小屋組みまで組み上がったところで、
施主ご夫妻と一緒に、上部まで昇りました。
奥さまも、建物の一番高いところまで確認して
頂けました。良かったです。

20150831_4
20150831_5

ついに上棟!

心配したお天気も問題なく、予定の作業が終了。

良かったです!

20150831_6

建物四隅を皆でお清め。

施主・施工・設計が円陣?笑

安全第一の工事を願い、

心を一つにした家づくりチームですね!

20150831_7
20150831_8
中山建設 山本さん撮影(上2枚)

タグ:

カテゴリー:ワークス /最近の仕事, 現場, 縁側サロンのある家 2015年08月29日

 

リフォーム住宅「縁側サロンのある家」。

本件最大のテーマは、快適性の確保とバリアフリーに
配慮した「縁側サロン」の実現です。

既存の外壁に、必要な構造補強をした上で穴をあけ、
掃出しの新設サッシを設置。
北側の柔らかい自然光と通風を確保しながら、
広がりと快適性を確保します。

また、外側に屋外スロープを設置することで
この窓が新しい出入口となり、
同時にバリアフリー動線となります。
意図した空間が実現しつつあり、嬉しく思います。

20150807_2
20150810_1
◆中庭に面し閉じていた空間に新設サッシを設置。
 北側の柔らかい自然光と共に、ここは屋外スロープ
 のあるバリアフリー動線となります。

20150827_3
20150829_1
◆既存建物の基礎換気口や雨樋などを活かしながら、
 新たな動線としてのコンクリート製スロープを
 設置しています。

20150824_2
20150829_2
◆建物との都合、周囲の外構との都合を、関係者立会いで
 詳細微調整。環境に馴染んだスロープ空間になりそうです。

タグ:, , ,

カテゴリー:ワークス /最近の仕事, 現場, 緑景の家 2015年08月26日

 

新築住宅「緑景の家」。

緑豊かな敷地に、シンプルな矩形の基礎が施工されました。
ヘビやカニ、様々な虫たちが集まる環境。
コンクリート基礎と、木の土台をしっかり繋ぐアンカーボルトに
本日は、カマキリの来客あり。笑

DSC_3918

小雨の中、
基礎周りの土を掘り、雨水排水や上下水等の設備配管を行う
工事が進行中。
既存植栽の根がはるなど、配管ルートの微調整について打合せ
させて頂きました。
来週は、いよいよ上棟です。
まったなしの工期、
雨でぬかる、土にまみれながらの工事&打合せ。
給排水設備担当 片倉さん、ありがとうございました。

DSC_3921
DSC_3925
◆撮影:中山建設 中山さん

 

タグ:, , , ,

カテゴリー:現場, 縁側サロンのある家 2015年08月17日

20140112
◆本件は「建築家31人×3works展vol11」(開催場所:
 マークイズみなとみらい東京ガス横浜ショールーム)
 にご来場頂きました、お客様のプロジェクトです。

 

リフォーム住宅「縁側サロンのある家」

実施設計施工の加賀山工務店さまにより着工しました。
現地視察ヒアリングから暮らしのデザイン提案をへて
基本設計を行った、わたくし古川は、
現場デザイン監修(アドバイザー)として、
2週間に一度を目安に、主に現場でアドバイスを
行う業務を行うことになりました。

施主・施工・設計(古川)の3者で集まり、
現場の進捗や想定外の事態に対し、意見を出し合い、
随時方針を調整。施工担当者が、リアルタイムで
詳細をつめながら施工に反映していく進め方になります。

まずは、解体から。
残すところと、解体するところを関係者で確認。
特に、はじめが肝心ですね!

20150807_3

床の解体が終了すると、床下に隠れていた
大事な建物の構造部分が確認できます。
加賀山工務店 加賀山さんと、
コンクリート基礎と土台、筋交いの有無や
接続部の金物の状態をチェック。
不備ある箇所は、補うかたちで再生する方針で進めます。
概ね想定した工事範囲となりそうです。

20150807_1
20150817_1

概ね築40年のお住まい。
配筋の不足したコンクリート布基礎(立ち上り)の
内側に、土間コンクリートを施工する方針。
ケミカルアンカーにより、土間と立ち上りを
しっかり結合させ、早くもコンクリート打設終了。
数日後には、水周り配管の施工に入りました。

工事担当の皆さま、よろしくお願い致します!

20150824_4
20150905_1

 

タグ: