カテゴリー:日常 2017年07月16日

20170715会議
 

コラボレーション設計

コラボレーション(collaboration)とは、
個々では出来ない密度や規模の作品や成果を生み出すこと
を目指し、協力して行う共同作業を言います。

縁あって建築設計仲間に声掛け頂き、
普段より広い視野が必要な案件に対しチームで取り組む
コラボレーション設計を模索することになりました。

個々で行う業務は変わらず続けつつ、
時に声を掛け合い集結。互いの持ち味を活かし、様々な
角度から規模の大きいプロジェクトに向き合える予感です。

チームで面白いことをやろう!という初回3人会議に参加。
居心地良い空間で多岐にわたるお題で盛り上がりました。
薬師寺さん、滝川さんありがとう。

@grasp architects(薬師寺さんのアトリエ兼自邸)

 

カテゴリー:ぐるっと回れる家, イベント・メディア, ワークス /最近の仕事, 日常, 現場 2017年07月12日

20170712上棟式_11
大盛況上棟式の『お餅まき』。おめでとうございます!

 

横浜市都筑区で上棟式の『お餅まき』

『お餅まき』とは、災いを払うための神事が広まったもので、
着工した建物の上棟時に行う上棟式と合わせて行い、建て主が
建設中の建物の上から紅白のお餅をまく風習です。
地域により赤い紐を通した5円玉や50円玉をまくこともある
ことから、建物を建てることのお祝いとして、
また喜びのおすそわけとして、地域との繋がりを大切にする
文化といえます。
建売り住宅の増加や、地域との繋がりが薄まる社会的変化など
から、昨今は行うケースもより減少していると思われます。

新築二世帯住宅計画「ぐるっと回れる家」では、
故郷の鹿児島で子供のころから行われていたお餅まきを、
ぜひ横浜での今回の家づくりで行いたいという、施主ご家族の
思いから開催となりました。

上棟式で職人の皆さまに振るまう食事の準備に加え、
お餅まきでまく、紅白のお餅の手配、お菓子や赤い紐を通した
5円玉・50円玉の準備など、当日に向け時間をかけ、
ご家族は準備をされてきました。その一つ一つに家づくりへの
期待と思いが込められ、3人のお子様たちと一緒に、その
意味するところを語りながら、この日を迎えられています。

一方、施工をまとめる中山建設さん皆さまのサポートが
なくては、実現出来ないイベントでもあります。
お餅まきが滞りなく出来るよう、数日早めに上棟し万全をきす
事前準備。お餅まきイベントご案内ちらし作りや、
近隣への配布・事前説明の徹底。参加者に危険がないよう
関係する建物や道路での安全対策。
また、何より参加された皆さまとのコミュニケーション
一つ一つに、気を緩めることの出来ないチームワークと心配り
が感じられました。一番は敷地のきわに仮設でたてた案内黒板。
イベントの進行や実行担当者の紹介など、ホットな情報を
手書きで伝える心温まる工夫でした。

近隣からお餅まき参加者が徐々に集まるなか、先に建物内で
施主お身内・施工・設計の3者による、上棟式が行われました。
建物の4隅を米とお酒で清める儀式。
関係者による工事にかかわる気持ちや意気込みを感じる挨拶。
私も設計者として、これまでの歩みや期待をお話しました。
特に、施主ご主人のお話は、家族を守る気持ちと家づくりへの
思いが伝わる感動がありました。

いよいよ開催、お餅まきのスタート!
地域の皆さまが、想像以上に大勢集まり驚きました。
施主ご主人とご長男が華やかにまき、大工さん達もサポート。
ときにパラパラと、ときにブワッと大盤振る舞い!笑
歓声があがり、お祝いの高揚感があふれていました。

実は気が付いたことがあります。
お餅まきの様子をずっと観ていたのですが、小さなお子様も
大人の皆さまも、想像以上に振る舞いが上品で、競い合って
いるにもかかわらず、互いに気を配りながら、声を掛け合い
ながらの参加である様子に驚いたのです。
考えてみると、互いに良く知る間柄だけでなく、知らないもの
通しが集まっている状況。街のどこかで出会うかもしれない
同じ地域の皆さまです。
お餅まきそのものよりも、まさに、この互いの気配りや交流に
地域の在り方としての、大切なヒントがあるのではないかと
感じたのです。

大変貴重な体験でした。
施主ご家族皆さま、中山建設の皆さま、お集まり頂きました
皆さまありがとうございました。

 

20170705タウンニュース
都筑区タウンニュース新聞でのイベント紹介。

20170712上棟式_3
上棟式の前に、施主ご主人・中山建設中山さん・古川で
現場打合せ。照明機器やスイッチ・コンセントなどの配置に
ついて、全体をめぐりながら調整出来ました。

20170712上棟式_4
20170712上棟式_12
20170712上棟式_6
施主お身内・施工・設計の3者による上棟式が行われました。
建物の4隅を米とお酒で清めます。

20170712上棟式_9
20170712上棟式_8
徐々に集まって参りました地域の皆さま。想像していたより
大勢お集まり頂き驚きました。
中山建設中山さんのアイディアで、敷地のきわに仮設でたてた
案内黒板。イベントの進行や実行担当者の紹介など、
手書きで伝える心温まる工夫でした。

20170712上棟式_7
20170712上棟式_1
20170712上棟式_5
建物内では、上棟飾りが片流れ屋根の一番高い位置に設置。
安全にお餅まきが出来るよう、大工さんの工夫で、素敵な
仮設階段も設置され準備万端です。ご家族全員で準備された
大量の紅白のお餅、お菓子や赤い紐を通した5円玉・50円玉。
すぐ横には既に搬入された、YKKap 高性能高断熱樹脂窓
apw330が取付を待ちかまえています^^

20170712上棟式_10
いよいよ開催、お餅まきのスタート!
施主ご主人とご長男が華やかにまき、大工さん達もサポート。
歓声があがり、お祝いの高揚感があふれました。

20170712上棟式_2
施主ご家族、中山建設の皆さまと記念撮影。素敵な時間、
ありがとうございました。無事の工事を願います。
撮影:株式会社高木 佐藤さん

 
※合わせてご覧下さい
「ぐるっと回れる家」基本設計の様子。
「ぐるっと回れる家」実施設計の様子。
「ぐるっと回れる家」ご家族との打合せの様子。
「ぐるっと回れる家」阪神淡路大震災と熊本地震の揺れ構造検討
「ぐるっと回れる家」着工の様子。
「ぐるっと回れる家」BELS評価5つ星取得 ZEH住宅
「ぐるっと回れる家」ZEH住宅補助金の取得

 

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー:日常, 街歩きブログ 2017年07月8日

20170706森林公園01
 

いつもより少し遅めの朝。
いつもの公園周遊コースで朝ウォーキング中に目がとまる。

かわいい色、かわいいサイズの、おうち。
IKEAで購入できる、屋内用のキッズテント商品であることは、
すぐに分かりました。
しかし、あくまで屋内用なので、これが緑豊かな屋外に
ポンッと置かれる様子は、初めて目にする佇まい。

おそらくテントに荷物を置き、森林浴を楽しむ若いご夫妻。
寄りそい互いに子供をあやす風情。
森のキッズテント。。素敵です。

ところが、

公園をもうひと回り歩いてきて、気が付く。
な~んだ、撮影だったのか。
ロケハン(ロケーション・ハンティング)による
子供をモデルとした、写真撮影のようでした。

見慣れたモノやコトも、
場所を変え、状況を変えて置かれ、
かかわり方を変えると、まるで新しい空間を生み、
新しい物語がはじまるようで、面白いですね。

@根岸森林公園
 

20170706森林公園02

タグ:, , , , , , ,

カテゴリー:日常 2017年07月7日

IMG_4251
 

日課の早朝ウォーキング帰り、
園長先生が保育園の菜園で作業をされていました。

おはようございます!&気になったことを質問。
何の作業中ですか?

スイカの花のオシベから花粉をとって
メシベに受粉をしているとのこと。
子供たちと一緒に美味しいスイカを収穫するためだ。

「シソ食べます~?」と、園長先生の嬉しいお声掛け。
我が家で小6の次男がなぜか大好物のシソ♪
敷地内の菜園に入り、たくさんシソを頂きました。

菜園ではミニトマトやサツマイモなど
順調に育っている様子。
どれもみな、きっと楽しみな収穫。

子供たちのワクワクが、目にうかびます。
 

IMG_4248
園長先生が受粉作業をしていたスイカ。

IMG_4249
つやつやの鈴なりミニトマト。

タグ:, , , , , , , ,

カテゴリー:お知らせ, イベント・メディア 2017年07月4日

IMG_4082
会場の様子。パネル展示、模型展示、映像展示を、
どこからでも自由に観ることができる配置。
要所の椅子テーブルは、相談コーナー。
 

赤レンガ倉庫へご来場ありがとうございました!

6月30日~7月2日の3日間、
赤レンガ倉庫1号館2階で行いました
建築家31会 トークショー・展示・相談会 vol.25
無事開催することが出来ましたこと、
心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

次回開催は
10月13日~15日、会場は新宿パークタワーです。
詳細は建築家31会ホームページでご案内して
参りますので、時々チェックして頂けましたら幸いです。

 

赤レンガ倉庫ホームページ
開催会場の赤レンガ倉庫ホームページ。イベント案内で
ご紹介頂きました。

サンケイリビング
サンケイリビング新聞で、ご案内頂きました。今回、この
記事を見てご来場頂きましたお客様のご相談を承りました。

 

FullSizeRender
小林さんと古川で、日当たりの話をお届けしたトークショー。
建築家31会フェイスブックページにて、動画で紹介して
頂きました。ありがとうございました。

IMG_4071
山見の家【コンパクトハウス】模型展示
・可動家具による、居場所自由自在の大らかな住まい。
・日当たりをテーマとしたトークショーの実例で紹介しました。

IMG_4065
洗たく屋さんの家【店舗併用住宅】模型展示
・ご家族が営むクリーニング店併設、和モダンな住まい。

IMG_4072
IMG_4076
柚子風呂パビリオン【理想のバスルーム】模型展示
・柚子を見ながら柚子風呂を楽しめるアイディア空間提案。

IMG_4060
IMG_4062
図書館のある家【31会で出会った家】模型展示
・本展示会(第6回)に来場されたお客様の住まい。
 

IMG_4147
IMG_4148
本会で協賛頂いている大和重工株式会社ホーロー浴槽CASTIEの
実物展示があり、私も余すことなく体験しました。
なぜなら、取組んでいるマンションリフォーム計画で
このホーロー浴槽の採用を検討しているからです。
そこで寝ないで下さいとご指摘あり(笑)心地よくて寝たかも。
筒井さん、南部さん写真ありがとう^ ^

FullSizeRender01
FullSizeRender02
開催中、参加建築家メンバーと会を支える協賛会の皆さま
との懇親会が開催されました。
横浜在住わたくし古川がなんと幹事担当!
場所は、横浜中華街「熊猫飯店(パンダ飯店)」
メンバー内から、今回は是非横浜らしい中華街で!との
ご要望&皆さまご存知パンダ誕生にあやかり選定しました。
予約の2階席は、媽祖廟(まそびょう)の眺めが素敵。
実は人気TVドラマのロケに使われ、女優の新垣結衣さん
が着座して撮影された席があります。本会中盤で発表、
盛り上がりました(笑)どの席かは、皆さまネット検索で
是非ご確認を!美味しい四川料理と共に、
楽しい時間を過ごしました。ありがとうございました。

 

タグ:, , , , , , , , , , , ,

カテゴリー:お知らせ, イベント・メディア 2017年06月28日

建築家31会vol.25
 

建築家31会 トークショー・展示・相談会
vol.25 開催のお知らせ!

建築家たちと、会える、話せる、相談できる3日間。
会場では、建築家本人が模型の説明や、皆さまの
家づくり相談などを行います。
家づくり豆知識やお悩み解決など、あらゆる情報満載!
様々な出会いを、楽しみにしております。

期間:6月30日(金)~7月2日(日) 3日間開催
場所:横浜赤レンガ倉庫1号館 2階(入場無料)
詳細:建築家31会ホームページをご覧下さい。

 

<ご案内>

家づくりトークショー
家づくりトークショーを行います。古川達也も参加。
テーマ「日当りの話をしよう」7/2(日)14:00〜15:00
小林真人×古川達也 建築家2人で対談しながら進行
家づくりの参考に是非ご参加下さい。
概要>日当りの良い家が必ずしも心地良いとは限りません。
間取りや窓辺の工夫など、日当りは上手にコントロールする
ことで、はじめて住まいを快適にします。日当りに対する
様々な実例や工夫をお話しします。

IMG_4360
前回開催の様子
 

4つの模型を展示
古川都市建築計画 古川達也は4つの模型を展示します。
是非間近でご覧下さい。お客様のお時間やご関心に合わせて
古川本人が、その場でご説明いたします。

山見の家【コンパクトハウス】
・可動家具による、居場所自由自在の大らかな住まいです。
洗たく屋さんの家【店舗併用住宅】
・ご家族が営むクリーニング店併設、和モダンな住まいです。
図書館のある家【31会で出会った家】
・本展示会(第6回)に来場されたお客様の住まいです。
柚子風呂パビリオン【理想のバスルーム】
・柚子を見ながら柚子風呂を楽しめるアイディア空間提案。
 

IMG_4375
前回開催の様子

 

タグ:, , , , , , , ,

カテゴリー:お知らせ, ワークス /最近の仕事, 根岸小学校理科室, 設計 2017年06月24日

 

『根岸小学校 理科室』

<概要>
横浜市建築局施設整備課による、横浜市立小学校校舎内の理科室計画です。低学年から高学年までの子供たちが、楽しく安全に学べる施設として設計。作業机、教壇、スライド型上下黒板、実験器具収納戸棚などの造作は、横浜市の詳細な標準仕様に学びながら、おかれた環境を活かした施設づくりが求められました。本件は特に子供たちの創造性や安全性など、校長先生の子供たちへの思いが投影できるよう、学校関係者、施設整備関係者との事前意見交換や合同調査を重視。あえて無駄なくスタンダードであること、必要な設備や空間を、建物構造や工事費用等の過剰な負担がない範囲で実現することを、丁寧に追求した施設です。

場所:神奈川県横浜市   
用途:市立小学校の理科室(学校教育施設)
構造:RC造2階建て
   1階部分の改修(2階は低学年普通教室)
敷地面積:7877㎡(2382坪)
居室面積:理科室96㎡(29坪)、理科準備室32㎡(9坪)
建築設計:横浜市建築局施設整備課
     ken-ken有限会社
     古川都市建築計画
設備設計:アーバンクルー
積算:オガコストプランニング
施工:株式会社大勝
写真:古川達也
 

20170414_01
クスノキ(愛称:くす太郎)の大木があるグランドに面する、校舎の1階部分が理科室計画場所。裏側に車寄せスペースがないため、グランドや正門付近の一部を工事車両置場として計画。工事の進め方や搬入動線の共有化など、仮設計画案の作成も設計における重要課題でした。
 

20170414_03_2
20170414_03_1
廊下との間を可動壁とした旧多目的室を、理科室にリノベーションする計画。環境負荷の軽減と合わせたコスト縮減など活用出来る設備や不要になるものを判断する合同調査の成果を、設計内容に細かく反映しています。既存の床下地がコンクリート直のため各種配管が不可能。給排水管ルートを確保出来る窓際に水場としてのシンクを並べています。各作業机の電源は、配線ダクトを用いた天井からのリーラーコンセントを採用。活用を通して子供たちの記憶に残る、理科室ならではの風情となりました。
 

20170414_02_2
20170414_02
実験器具等をおく収納戸棚などの造作は、横浜市の指導に基づき、横浜市立小・中学校標準図の仕様に準拠した過不足ない計画としています。(ステンレス製シンクは、同チームで設計の「放課後キッズクラブ」で再利用
 

20170414_04
内装仕上げ概要
床:仕上 耐薬品性長尺塩ビシート貼り厚2mm
  下地 コンクリート金ゴテ仕上げ既存のまま(一部補修)
壁:仕上 EP-G※塗替え
  下地 コンクリート打放し又は合板目透し貼り厚5.5mm
天井:仕上 有効石膏ボード厚9mm既存のまま(一部補修)
廊下間仕切:強化ガラス欄間厚4mm、スチール焼付塗装フレーム
収納戸棚:本体ポリエステル化粧合板、框戸ポリカーボネート板
     ガラス棚厚5mm、カウンター天板メラミン化粧板 他
※EP-G:つや有合成樹脂 エマルションペイント塗装

20170414_05
スライド型上下黒板や教壇なども細かく設定された仕様。特に教壇は高さやエッジの安全処理など、積み上げられた仕様に準拠しており、決して適当で曖昧としないディテールである事が理解できます。
 

20170624_04
廊下側との間仕切りは収納棚と出入口建具を配置。鋼製のフレームに合板を使ったシンプルな造作は、他教室との整合性や将来の用途変更を視野に入れた仕様です。横浜市の標準仕様を組み合わせ現地の状況に合わせた設計です。
 

20170624_01
20170624_02
20170624_03
通気をコントロール出来る建具や屋内から出し入れできるショーケース仕様が特徴です。展示サイズや展示方法を変えられるよう自由度を確保した壁面。単に空間を仕切る壁であるだけでなく、子供たちの創造力や学ぶきっかけを生む、展示コーナーとして位置付けられています。

 

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー:お知らせ, ワークス /最近の仕事, 根岸小学校放課後キッズクラブ, 設計 2017年06月24日

 

『根岸小学校 放課後キッズクラブ』

<概要>
横浜市こども青少年局と建築局施設整備課による、小学校校舎内の児童福祉施設(教育施設内の福祉施設)。平成31年度までに横浜市全ての小学校(341校)で開設を目指している「放課後キッズクラブ」事業です。放課後の遊び場であり生活の場であることをテーマとし、1年生から6年生までの子供たちが、楽しく安全に過ごせる施設として設計。横浜市の詳細な標準仕様に学びながら、学校ごとの個別事情や環境を活かした施設づくりが求められました。本件は既存の理科室からキッズクラブへのリノベーション。校長先生、キッズクラブ運営スタッフ、横浜市ご担当皆さまとの事前意見交換や合同調査を実施。地域で子供たちを見守り育てる視点、活用出来る建築や設備を余すことなく活かしつつ新しい機能を盛込む取組み。関係機関の枠を超え知恵を出し合い、公共空間を無駄なく有意義なかたちで実現する一つのモデルとして位置付けられるプロジェクトです。

場所:神奈川県横浜市   
用途:放課後キッズクラブ(児童福祉施設)
   理科室からキッズクラブ教室へ改修
構造:鉄骨造+RC造2階建て
   1階部分の改修(2階は体育館)
敷地面積:7877㎡(2382坪)
居室面積:126㎡(38坪)
建築設計:横浜市建築局施設整備課
     ken-ken有限会社
     古川都市建築計画
設備設計:アーバンクルー
積算:オガコストプランニング
施工:株式会社大勝
写真:古川達也
 

20170414_06_2
内装仕上げ概要
床:仕上 発泡系下地シート厚3mmの上ビニル床シート貼り厚2.8mm
  下地 合板厚12mm乾式二重床システム既存のまま(一部補修)
壁:仕上 シナ合板の上EP-G※既存のまま(一部補修)
  下地 LGS厚65グラスウール敷込の上石膏ボード厚12.5+12.5mm
天井:仕上 有効石膏ボード厚9mm既存のまま(一部補修)
収納棚:本体棚板ともシナ合板面材・国産杉芯材厚25mmの上UC
※EP-G:つや有合成樹脂 エマルションペイント塗装
※UC:ウレタンクリア塗装
※床の置型カラー・マットは計画で想定し運営により配置

20170414_08
20170414_06
既存理科室の実験器具洗い場や、旧型の授業用モニターなど不必要となる部分を撤去。新設のランドセル棚やクツ箱など
の収納棚は、過不足ないよう横浜市の指導に基づき、横浜市立小・中学校標準図の仕様に準拠し配置しています。
理科室は、同じ校舎内に移動新設
 

20170414_16
20170414_14
20170414_15
理科実験道具などの教材収納棚を温存。授業で活用されたスライド式のホワイトボードは、子供たちの創作作品やイベントに合わせた飾り付けが出来る壁面として、そのまま再利用しています。居住性を高めるエアコンの設置は、将来の用途変更など柔軟に対応出来るよう、脱着し易い場所、建物構造に最も負担を掛けない場所など関係者による入念な調査の積み上げから決定しています。
 

20170414_07
20170414_09
20170414_10
横浜市こども青少年局の要領標準に、手洗いシンク設置は無い。本件運営スタッフの希望から、手洗いシンクを設置。校内で不要となったシンクの再利用品を採用、運営上の合理的配置など、関係者間の柔軟な意見交換から実現しています。
 

20170414_17_2
20170414_13
20170414_12
20170414_17_1
既存理科室の準備室を、事務スペースに改修。木製の間仕切りを温存しフル活用することで、視界を妨げず合理的な管理運営が出来る空間です。スタッフロッカー棚や書類棚など旧施設で使っていた備品をそのまま移設。コスト縮減や運営上の混乱がないメリットを活かしています。好例としてご評価頂き、他校で予定している施設整備の関係者による見学会が行われているとのこと。
 

20170604_01
20170604_03
20170604_04
横浜市は「旧はまっ子ふれあいスクール」から「放課後キッズクラブ」への転換を順次進めています。以前との大きな違いは、子供たちの滞在可能時間延長で、食事提供が出来ること。標準的なミニキッチン設置が決められています。
 

20170414_20_2
20170414_20_1
小学校敷地内、子供たちや迎えの親御さんの放課後アプローチ動線として外構を整備。放課後の学校開放にともなう夜間照明や防犯セキュリティ計画など、ハード面、運営面、様々な角度から協議を重ね、より良いかたちを実現しています。
 

20170624_05
20170414_18
20170604_02_1
20170414_19
本施設は1階。2階体育館利用との動線、他施設との連携した活用を想定。長い目でみた自由度や融通性、多目的性が確保された施設となりました。

 

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー:日常 2017年06月18日

20170618_3

自宅にamazon.co.jpから荷物が届く。
みると、目の前にいる長男が依頼した品のようだ。

『醸造家が夢見た心が震えるほどにうまいビール、
サントリー・マスターズドリーム・コースター付き
父の日セット』
長男からの、父の日プレゼントだった。

私:おっ、いいね! ありがとう。
長男:うん。

荷物同封の用紙に、いつもありがとう!!
長男のメッセージは、amazonが代弁するらしい。笑

この日の夕食は、
長男がカレーライスを作ってくれました。
もちろん、マスターズドリームを飲みながら
カレーを食べました。うまい!

いい夜になりました。

20170618_4
20170618_5
20170618_1
20170618_2

タグ:, ,

カテゴリー:お知らせ, イベント・メディア 2017年06月15日

熊本地震木構造002

 

夏の家づくりセミナー
テーマ『熊本地震に耐える木の家』
専門家三人のトークイベントお知らせです。

新築の家づくり打合せ風情そのままにお届けするという
画期的なトークイベント。間取りやデザインのお話しを
わたくし古川。難しいと思われがちな構造計算のお話しを
宮崎さん。家の素材・値段の考え方や、作り手の工夫などを
中山建設 中山さん。専門家三人で、質疑応答などを交え
ながら楽しくお話しさせて頂きます。 古川達也

日時:6/24(土)13:00~15:00 
   ※要事前予約

場所:横浜市都筑区池辺町1216 中山建設ショールームにて
   ※駐車場あり

話し手:意匠設計 古川達也
    構造設計 宮崎良子
    施工管理 中山周平  <主催:中山建設>

お問合せ:TEL 045-941-5336 株式会社中山建設まで

熊本地震木構造003
上写真:中山建設

熊本地震木構造01
宮崎さんによる構造検討のご説明

 

タグ:, , , , , , , , , , ,