カテゴリー:授業 2013年11月16日

20131115_3

関東学院大学 建築環境学科2年生の必修授業「建築設計製図Ⅳ」
第一課題「馬車道のオフィス」。
100人を超える学生諸君の提出模型が並びました。
指導にあたっている10人の講師全員で1つずつ評価。

オフィスと街を、工夫あるスペースで繋ごうとした案。
通りに面する壁面を、大胆に構成した案など様々。
予想を超え、魅力ある提案多数でした。うれしい。
お疲れさまでした。
次週からは第二課題「ミュージアム」。
さらに、頑張って参りましょう!

20131115_3
建築環境学部ホームページより

タグ:,

カテゴリー:フランス菓子工房, ワークス /最近の仕事, 現場 2013年11月16日

20131115_2

「ケーキ屋さんリニューアル計画」
工場部門の新築「フランス菓子工房」が完成し、既に使用開始
しているなか、同時進行していた
既存店舗部門「フランス菓子店」の改装も大詰めです。

20131115_1

例えば店舗脇で大型冷蔵庫置場として使っていたスペース。
壁の向こう側で店舗営業を続けながら、
新たな焼き菓子売場としてリニューアルする計画です。

店舗営業を妨げることなく進められる工事。
円弧状のたれ壁が開通すると、既存の店舗と繋がる作戦。
数週間後には全面オープンです。

カテゴリー:日常 2013年11月12日

20131112_3

次男が、学校から図画工作の作品を持ち帰りました。
そもそもクラス全員が、水に浮かべる船を作ることがテーマ。
2個のペットボトルは、
バランス良く水に浮かべるためだったようです。

ペットボトルに、セロハンを巻いて気に入った色にしたことや、
とっておきの運転席は、赤いふわふわシートを付けて
乗り心地を追求したとか、色々話をしてくれました。

制作途中で、だんだん飛んだらイイなと思うようになり、
本人いわく、出来るだけ早く飛べるように工夫したとのこと。
水陸両用だったのか?

試しに空にかかげてみました。
なるほど。
この乗り物、けっこう速そう!笑

カテゴリー:街歩きブログ 2013年11月11日

20131111_3

かけあしの秋で、なんだか急に冷え込み既に冬の気配ですが、
早朝、いつもの公園でウォーキング。

この季節の醍醐味は、なんといっても木々の紅葉!

赤や黄色のグラデーション。
さらに綺麗な場所をもとめて、、。
いつものコースと違う方面まで歩くことにしました。

よって最後は汗だくです。笑  ~根岸森林公園にて

タグ:,

カテゴリー:もう一つある家, 現場 2013年11月9日

20131107_

現場はいよいよ内装の仕上げ材を施工する段階。
施主ご夫妻、施工、設計の3者で現場に集合し、
主に屋内仕上げ材や、仕上げ方針、
建具・造り付け家具などの、確認・検討を行いました。

設計時で共有していたイメージであっても、
工事が進行し、実際の空間に身を置くことが出来る
ようになった状態で、素材感や色合いなどを、
現地で再確認することも大切です。

同じ素材の色違いや、予定していた素材の同等品で、
さらに魅力ある選択が出来ることもあります。
施工:中山建設の中山さんに、各サンプルをご用意頂く
ことで、一つ一つ出来上がりを皆で想像しながら、
方針決定することが出来ました。

タグ:, ,

カテゴリー:街歩きブログ 2013年11月5日

20131105

打合せに向かう途中、
今年も、その季節なんだなあ~と思わず実感。
制作準備中の巨大なクリスマスツリーに出合いました。
どんなイベントが繰り広げられるのでしょう?

光がふりそそぐ開放的なアトリウム空間。
ツリーの大きさを目測したり、
演出を想像してみたり、
ちょっとワクワク。
通りすがりでしたが、楽しいひとときでした。
~横浜ランドマークタワーにて

タグ:

カテゴリー:日常 2013年10月31日

20131031_5

リビングの片隅「端っこギャラリー」。
片隅とはいえ、
我家では一番目立つ場所の壁。
実は、子供たちの作品コーナーになってます。

ルールは特になし。
いつの間にか付けられ、いつの間にか更新です。
今回は、
次男が学校から持ち帰った図画工作ハロウィン・マスク。
目と口がポイントとか^^。

フランス菓子工房の現場、
オーナーから数日前にお土産で頂いたパンプキンパイ。
家族で美味しく頂いたのですが、
どことなく作品の形がパンプキンパイに似ているような。
触発されたのでは!さだかではありません。

20131031_6

タグ:

カテゴリー:フランス菓子工房, 現場 2013年10月31日

20131031_1

指定確認検査機関による完了検査に立ち会いました。
指摘事項なし。検査員による記録撮影をもって、無事終了です。

20131031_2

窓から差し込む光が明るくおだやか。
菓子をつくるスタッフの方々が、毎日気持ちよく使う
手洗い、トイレ、階段照明などの設備機器たちも
検査を終え何かほっとしているような、、。

20131031_3

実は、菓子づくりに必要な大型設備の製作・搬入は大詰め。
これからヤマ場を迎えることになります。
例えば、2階の半分をしめる空きスペースは、
スタッフが中に入り、作業出来る大型冷蔵庫となります。
後日、部材を搬入し現地で内側から組み立てる予定。

本日は、製作担当者により、冷蔵庫本体の部材パネルが
階段を使って搬入できるかチェック。同サイズのフレーム
を使った、搬入シミュレーションが行われていました。
失敗は許されない。~緊張感が伝わってきました。

20131031_4

カテゴリー:街歩きブログ 2013年10月27日

20131027_1

実家より全長50センチを超えるカボチャが送られてきました。
詳しい品種や取り扱いは不明だったのですが、
~おもいきってカット!
妻にまかせ、とにかく加熱調理。

20131027_2

甘くておいしい!
形の驚きと、意外にも馴染みのある確かな味に、
2度びっくりでした。笑

久々に機会あって、横浜駅近くを歩きました。
街角のハロウィン・ムードも素敵でしたが、
コチラもう一つのハロウィン?!
実家からのカボチャ・サプライズも中々。恐れ入りました。笑

20131027_3

カテゴリー:フランス菓子工房, 現場 2013年10月19日

20131019

本日オーナー店主と現地打合せを行いました。
実際に、ここで製造作業をされるスタッフの方々
もお呼びし、スペースの特徴や使い勝手をイメージして
頂くことが出来ました。ありがとうございます。

屋内外現場進行状況の確認。
作業スペース照明位置の確認。
製作中菓子製造設備の最終寸法と、納まり具合の確認。
オーナー購入予定の作業台寸法の確認。
など、多岐にわたりましたが、
特に大型の業務設備機器詳細と、現場床・壁・天井の
関係は、既に施工:スタイルさんに整理・調整して
頂いたので、オーナーとの打合せは
より明確なものとなりました。

地域に愛される人気店の工場として、幅員の狭い
路地空間や、お客様駐車スペースへの圧迫感を出来る
だけ軽減し、シンプルで爽やかな印象を目指した外観。
屋外では外壁仕上げ工事が進行中です。