「緑景の家」風致地区内建設の完了届へ

2015年12月19日

IMG_3233

新築住宅「緑景の家」。
足場が解体され、落ち着いたダークグレイ色の外観が
現れました。素敵です。

さて、本件は市街化を抑制することを意図し定められた
市街化調整区域内にあると同時に、
横浜市風致地区条例第2条の規定に基づいた
4種類(建築物の新築・宅地造成・工作物の新築・木竹
の伐採)の許可条件を満たし、許可申請を行うことで
住まいの建設が可能となっています。

従って、竣工に合わせ許可申請の通り、実施出来て
いるか確認できる現地写真を撮り、資料をまとめ
横浜市に提出しなければ、許可が完了しません。

許可の対象箇所を一つ一つ写真撮影。
道路後退により建設したヨウ壁、全ての既存樹木
については、温存を証明する写真など順調に撮影。
施工の中山建設 中山さんに必要箇所全て立会って頂き
ご協力頂きました。ありがとうございました。

既に指定検査機関による完了検査も無事終了。
もうすぐ竣工です。

IMG_3191
IMG_3222
2m以上の高木、中木などスケールをあて全て撮影。

IMG_3249
建築基準法上求められた、道路後退によるヨウ壁建設も
無事終了しました。

「緑景の家」最後の3者打合せ

2015年12月1日

IMG_2585

月末に竣工を予定している「緑景の家」では、
施主・施工・設計3者による最後の現場打ち合わせとなりました。

主に造り付け家具の方針を、寸法や使い勝手を一つ一つ確認。
施主ご夫妻で、好みに少し違いがあった屋内仕上げの色なども
最終決定の場面を迎え、議論に熱が入りました。
悩んだ末の方針決定です。きっと素敵な仕上げになります。

屋外ではモルタル下地が完了し、
いよいよ仕上げの吹き付け工程に入ります。
これも、ご夫妻が拘った印象的な色合いになる予定。
楽しみです。

IMG_2580

「緑景の家」屋内造作の打合せ

2015年10月15日

20151004_1

新築住宅「緑景の家」。

施主ご家族、施工、設計で現場に集合。
現場の作業休憩時間に、皆で屋内造作の打合せをしました。
床・壁・天井の下地が概ね仕上がり、屋内のイメージが
出来るようになってきたところで、
各部の仕上げ素材や色など、サンプルを使って
皆で確認する主旨です。

本件で採用するシステムキッチンなどの設備機器も、
最終確認出来たので、ひと安心。
特に、この日は住まいの中心となる、リビングまわりの
オリジナル造作家具や階段など意見交換しました。
目指すイメージが、皆で共有出来たので良かったです。
ありがとうございました。

20151004_2

「緑景の家」中間検査終了から下地関連工事へ

2015年09月29日

 

新築住宅「緑景の家」の現場は中間地点。

指定確認検査機関(本件は湘南建築センター)による、
中間検査が無事終了し、屋内外とも下地関連の工事が
はじまりました。
各種設備配管、防水工事など、建物が仕上がってしまうと
ほぼ見えなくなってしまう部分でありながら、
実は、建物の機能・性能を担うとても大切な工程です。

ところで、現場監理では、設計監理者として、
施工過程を現場で直接確認させて頂く機会でもあります。
例えば、同様の素材や技術を必要とする部分でも、
職人さんの個性により、進め方も違うことに気が付きます。

何度同じような場面に立ち合っても、新しい発見があり、
それも建築の魅力の一つではないかと思っています。
大なり小なりハイテクノロジーに支えられる建築ですが、
やはり人間が創るのだ。ということを都度実感し
ワクワクします。

20150929_1
◆中間検査申請書の作成

20150929_6
◆中間検査。検査員が現地入りし直に検査します。合格しなければ
 現場は次の工程に進めません。(撮影:中山建設中山さん)

20150929_2
◆中間検査合格証を無事受領。施主ご家族に良い報告ができます!

20150929_3
◆給排気菅の位置を皆で確認。外壁を貫通するので、出来るだけ
 構造耐力の影響が少ない設置であることがポイントです。

20150929_4
◆躯体の内側に貼る気密シートの施工途中。室内の湿気を
 躯体内に入れず、躯体内結露を防ぐことが目的なので、重ねしろ
 など、工程に注意し隙間なく貼ることが求められます。

20150929_5
◆躯体の外側に貼る透湿防水シートの施工。外側からの水の進入は
 とめるが、躯体内の湿気は外に逃がす性質のシートなので、
 そのメカニズムをよく理解して設置することが求められます。

 

屋外仕上げ現場サンプル検討。

2015年09月6日

20150906_2

現場にサンプルを持ち込み、
実際の空間に身をおきながら、屋外仕上げの「色」を
検討する打合せ。

サンプルを確認しながら、施主・施工・設計の3者で
ざっくばらんに意見交換。
それぞれの立場で、納得のいく選定が出来たと思います。

例えば外壁は、当初から施主ご夫妻が、
ざっくりイメージしていた「墨色」に決定。
仕上がりが楽しみです。

20150906_1
◆屋根、外壁、窓サッシなどのサンプルを現場に用意。

20150906_3
◆説明中のわたくし。撮影:中山建設 中山さん

「緑景の家」 が上棟しました。

2015年08月31日

20150831_2

新築住宅「緑景の家」
祝 上棟!緑豊かな敷地に、トントン、カンカン。
大工さんの声も響きわたります。
施主ご家族も全員掛けつけて下さいました。
立ち合える喜びと共に、皆様おめでとうございます!

建物まわりは、比較的ゆとりある敷地なのですが
夏季ゆえ樹木の枝葉が繁茂し、作業がしにくい場所も
あります。

20150831_1
20150831_3

2階に着手するあたりで、ランチタイム休憩。
施主ご家族に、美味しいお弁当をご馳走して頂き、
べニア板の大テーブルを囲んだお昼ご飯となりました。

屋根を支える小屋組みまで組み上がったところで、
施主ご夫妻と一緒に、上部まで昇りました。
奥さまも、建物の一番高いところまで確認して
頂けました。良かったです。

20150831_4
20150831_5

ついに上棟!

心配したお天気も問題なく、予定の作業が終了。

良かったです!

20150831_6

建物四隅を皆でお清め。

施主・施工・設計が円陣?笑

安全第一の工事を願い、

心を一つにした家づくりチームですね!

20150831_7
20150831_8
中山建設 山本さん撮影(上2枚)

「緑景の家」 基礎工事と設備配管工事。

2015年08月26日

 

新築住宅「緑景の家」。

緑豊かな敷地に、シンプルな矩形の基礎が施工されました。
ヘビやカニ、様々な虫たちが集まる環境。
コンクリート基礎と、木の土台をしっかり繋ぐアンカーボルトに
本日は、カマキリの来客あり。笑

DSC_3918

小雨の中、
基礎周りの土を掘り、雨水排水や上下水等の設備配管を行う
工事が進行中。
既存植栽の根がはるなど、配管ルートの微調整について打合せ
させて頂きました。
来週は、いよいよ上棟です。
まったなしの工期、
雨でぬかる、土にまみれながらの工事&打合せ。
給排水設備担当 片倉さん、ありがとうございました。

DSC_3921
DSC_3925
◆撮影:中山建設 中山さん

 

新築住宅「緑景の家」 ご家族皆さんと現場確認。

2015年08月4日

20150803_1
 

新築住宅「緑景の家」。

地縄張りが完了したところで、
施主ご家族、施工中山さん、設計古川で現地集合しました。

ここがアプローチ。。ここは玄関。。
ここが勝手口になるので、
バーベキュー会をするとき、行き来に便利。。
本当だあ、いいね!^^
などなど。。

窓や出入口の位置も大体分かるので、
みえる実物の景色を前に、目指す調整も皆で確認出来ました。

深い緑に囲まれた敷地。
緑陰に入ると、周りより明らかに涼しい。
しかし、この日は暑かった!
皆で水分補給しながらの打合せ。
お疲れ様でした。

20150803_2

着工「緑景の家」 建物本体の位置出し。

2015年07月31日

 

新築住宅「緑景の家」。

既存古家を解体し、建物本体工事が着工。
敷地を概ね整地したところで、建物本体が建つ地盤レベルの
基準点や、正確な位置出しに着手。作業に立会いました。

長い設計期間、図面の中で向き合ってきた
ミリ単位の寸法が、現場に落とし込まれていきます。
皆さま、工事の無事を祈念します。
よろしくお願い致します!

20150731_3
◆座標を入力した測定機器を使い、距離・レベルを出して頂く
 作業(有限会社ポラリス)。わたくし古川(右)は、実施設計図
 をもとに、現場のベンチマーク(基準点)を決めています。
 中山さん、スナップ写真ありがとうございます!

20150731_4
◆緑深い敷地。敷地ラインが植栽に隠れてしまう箇所が多々
 あるため、敷地境界等が理解し易い目印を設置して頂きました。
 ありがとうございます。

20150731_1
◆緑に囲まれた敷地に、建物位置を示す地縄張り(ぢなわばり)完了。
 夏に向かいより繁茂する樹木や竹が、建物位置に覆いかぶさる
 勢いです。

20150731_2
◆地縄張りで確認できた建物位置にかかわる、伸び過ぎた枝葉を
 本件棟梁担当の加藤さんに切って頂きました。助かります。

20150731_5
◆同時進行で、道路後退による敷地内擁壁の施工中。順調です。

 

市街化調整区域許可、風致地区許可、確認済証 トリプル受領

2015年06月19日

 

新築住宅「緑景の家」。

横浜市建築局にて、各許可申請を提出し約2週間。
全ての許可がおりたという連絡があり、受け取りに行きました。
其々たった一枚の許可書のために、7カ月近く取組んできたと
考えると、重い、重い、とっても重い一枚です^^。

◆6F調整区域課より、市街化調整区域の許可
20150616_1

◆7F建築環境課より、風致地区の許可
20150616_2

2つの許可証原本と写しを持参し、既に準備してあった
書類を持って、そのまま指定確認検査機関(今回は湘南建築センター
横浜店)に向かい、確認申請書を提出しました。
フラット35利用のため、設計検査申請書も同時提出です。

そして、なんと!
事前相談における修正や、図面の差し替えをしつつ、待っていれば
決裁にまわり、その場で確認済証及びフラット35設計検査合格証が
受領できるということになりました。ありがたいことです。
何よりクライアントご家族に、嬉しい報告が出来ます。
20150616_3

市街化調整区域許可 & 風致地区許可 & フラット35含む確認済証
トリプル受領。
私にとって、全てを同じ日に受け取る機会は、
これからも中々無いかも。

喜びをかみしめ?、夜は自宅でお酒を呑んで祝おうと
思っていたのですが、
テレビを見ながらそのまま寝てしまうという、
もったいない夜を過ごしました。笑
役目を果たし、少々ほっとしたのかもしれません。

いよいよ現場着工です。
関係の皆さま、よろしくお願い致します!

 

1 / 212