設計課題エスキス

2016年10月14日

20161007エスキス授業
関東学院大学 建築環境学科2年 建築設計製図Ⅳ授業ブログより
学生の進めているエスキスに対し、アドバイス指導しています。
 

設計課題エスキス

エスキスとは美術用語で、下書きやスケッチなど製作過程の
検討や試作を意味します。語源は、エスキスesquisseが
フランス語で、英語ではスケッチsketchと考えて良いと思います。

ものづくりにおける過程として、
どのようにエスキスを進めるかは、常に課題となります。
新たなものを生み出すエスキスの楽しさ、あるいは悩み苦しみは
そのまま、ものづくりの醍醐味であるとも言えます。

建築設計におけるエスキスも同様、かつ
考え検討しなければならないテーマは多種多様です。
安全性や利便性、美観や快適性、合理性や実現性、
環境への配慮や提案性も、ますます関心が高まる社会。
実社会の建築設計も、大学授業の設計課題も
挑戦と反省を繰り返すプロセスは同じと言えます。

大学授業の非常勤講師として、学生の皆さまが進めている
設計課題のエスキス指導をしています。
設計実務の経験を活かしアドバイスしていますが、
常に新たな課題と直面し、同時に私自身も考え
学ぶ機会となっていると思っています。
 

合わせてご覧いただけます。
●設計製図授業第一課題「関内のオフィスビル」スタート
●即日課題の出題「際を考える」
●建築デジタルデザイン演習エスキス授業。@芝浦工業大学
●エスキス授業
●「建築設計製図IV」エスキス授業&ショートレクチャー
●なるほど授業ブログ?!
 

建築デジタルデザイン演習エスキス授業。@芝浦工業大学

2015年11月19日

20151119_1

環境システム学科2年生選択「建築デジタルデザイン演習」。
BIMソフトを使った設計やプレゼンテーション、
コミュニケーション方法などを学ぶ授業で
指導にあたり、今期でちょうど10年目になります。

現在授業は、専任の澤田先生が出題した課題を、
数週間後に提出するスタイルで進行。
提出までの数回は、途中の検討をデータ提出して頂き、
指導・アドバイスする日が、エスキス授業となります。

最大の特徴は、毎回一人ひとりの提出データを
教室のスクリーンに映し出し、授業に参加している全員で
情報共有しながら、アドバイスする点です。

実は、PC画面にタッチペンでメモや添削をすると
そのままスクリーンに映し出される優れた機器を活用。
本来座ったまま出来る授業なのです。
ところが、私自身、夢中になると座っていられなくなり、
直接スクリーンを指さしたり、ホワイトボードに
グリグリとペンで描かないと気がすまない感じになります。

「古川さん座って話せばイイのに~」
と、思われているかも。
スマートにいかない人間なのだ。
ご容赦下さい。これが、わたくしなのです。笑

20151119_3
20151119_2
※TA成塚くん、写真撮影ありがとう!

設計製図エスキス授業。@関東学院大学 製図室

2015年10月30日

20151023_3

関東学院大学の製図室。

設計製図のエスキス授業の開始前は、道具を持参した

大勢の学生諸君で賑わい、ガヤガヤ。

そんな空間は、何だかワクワクして好きだ。

20151023_1
◆わたくしも、今年で12年目^^(大学HPブログより)

今期は11人で手分けし、120人の指導にあたります。

一人ずつ、

持参したスケッチや図面をみながらアドバイス。

悩んでいる学生をみると、

自分の学生時代を思い出すことも。笑

20151023_2

エスキス授業

2014年12月19日

20141212_1
◆エスキスの様子。TA柴さん撮影&レポートありがとう。

関東学院大学 建築環境学科「建築設計製図Ⅳ」
第2課題「金沢文庫ミュージアム」のエスキス授業では、
学生皆さまの提案が、少し具体的になってきました。

早い段階で簡単な模型をつくり、
立体的な構成を探求している方は、自主的に
模型を持参し、エスキスにのぞんでくれています。
熱意を感じますね。

例えば、日下部くんのスタディ模型。
まだまだ、これから進化する?予感もありますが、
様々な密度で立ち上がる無数の柱によって
生まれるスペースに魅力を感じました。

エスキス中、リアルタイムで、
ともにスマートホンを使って撮影。
スマートホンの画面をみながら、
画像を自在に拡大出来るので、
実際に近い目線で、どう感じられるかなど、
活かしたい魅力や、改善点など色々話せました。

20141212_2
20141212_3

◆エスキス授業30分前に必ず行うミーティング。
大切な情報交換、意見交換となります。
20141219
 

「建築デジタルデザイン演習」 授業と発見。

2014年11月5日

20141105_3

芝浦工業大学システム理工学部 環境システム学科2年生
後期選択科目「建築デジタルデザイン」エスキス授業
を担当しています。

学生の皆さまは、授業前に進めているデジタルデータを提出。
1人ずつ教室のスクリーンにデータを投影し発表して頂き、
講師が講評するかたちでエスキスが進行。

皆互いの進み具合や問題を共有し、
見方によっては、競い合いながら学ぶことになります。

また、全ての提案に対し「講師がどんな事をいうのだろう」
という熱い学生の眼差しも、授業の緊張感を生み出します。
比較的少人数だからこそ出来る機会です。

修士2年 荻野君、写真ありがとう!

20141105_1

授業後半は、次回課題の準備学習となる澤田先生の
レクチャーがありました。

研究室のアーカイブデータや、スクリーンを使った説明など、
教育の現場でも、無限の表現方法があることに気付かされ、
指導で伺う私にとっても、新たな発見があります。

20141105_4