墨田区曳舟駅周辺の街並み視察

2018年10月7日


街のどこからも見えるスカイツリーが常に印象的。

 

墨田区曳舟駅周辺の街並み視察

芝浦工業大学 環境システム学科 3年生後期必修授業
2018年度「環境システム応用演習」。街の問題や魅力を
発見し、より良い街のビジョンを提案するプロジェクト
を行うため、指導教員の中村仁先生の案内で、学生の
皆さまと一緒に墨田区曳舟駅周辺を視察しました。

街のほぼ全域が海抜ゼロメートルより低く、水害に
対する危機と向き合う街です。一方、狭く入り組んだ
道空間を生活圏とする古い街並みも残り、火災や震災対策
などの取り組みも、各所に見られる街だと実感しました。

特に、防災の意識を高め、その活動を広める拠点と
して生まれた「ふじのきさん家」は、ご案内頂いた
中村先生も関わられた、とても興味深い取り組みです。
古い木造の家を、防火・耐震改修し、その手法がそのまま
見られるよう工夫。街の誰もが出入り出来るよう運営され
雨水の貯留利活用や、学生の調査研究による、きめ細かな
防災マップの作成、防災拠点を巡る「防災遠足」などの
企画拠点として、活きた啓蒙活動が継続されていることに
感心しました。

近年、街のどこからも見えるスカイツリーが印象的な
街になりました。歴史の新旧が対峙する日常風景。
アンバランスであることを超え、街の元気として
かけがえのないシンボルとなる日がくるように思います。



街の要所にある公園では、防災情報の看板が見られます。




防災の意識を高め、その活動を広める拠点として生まれた
寄り合い処「ふじのきさん家(ち)」を見学。運営する
土肥秀生さんに解説頂き、とても貴重な機会となりました。



雨水の利活用をひろめる憩いの場「雨カフェ」や、街角の
「路地尊」など、比較的新しい取り組みが、街に馴染み
文化となる好例として、中村先生にご案内頂きました。
ここには街づくりの重要なヒントがあるように思います。

 

玄関引き戸の「原寸スケッチ」

2013年12月28日

中山建設の中山さんから、玄関引戸が出来た!
という報告ありました。
完成間近「もう一つある家」の玄関引き戸は、
屋外環境に比較的強い、レッドシダー製のオリジナル制作です。

現場の途中で、施主ご夫妻からご相談がありました。
設計時には無かった「小窓を付けたい」というお話です。

確かに、光を透し屋内外とも表情を和らげる小窓は魅力あり!
と考え、さっそく大きな紙を買ってきて
「原寸スケッチ」を描きました。
(写真にご注目!見えるでしょうか?木目も描きましたよ。笑)
現場に持ち込み、施主・施工・設計の皆でデザイン方針を一緒に
考えることが出来ました。

A案:窓と言う事で、他の窓と同様に四角で発想した案。
20141128_2

B案:四角があるなら、丸も考えてみようと発想した案。
20141128_1

C案:植物をモチーフにした案。
20141128_3

こうして決まった玄関引き戸のデザインは、いかに?

満場一致で~「C案」に決定!!
「シイの葉」をモチーフとした小窓。
完成した実物をご紹介出来る日が楽しみです。

ちなみにシイは、市の木として「もう一つある家」のある
伊勢原市のシンボルです。
写真は、シイの実ひろい。あぶって食べると結構美味しい^^。
20131128_4