弘明寺マンションリフォーム「続きのある家」 竣工スナップ写真公開

2018年04月1日

 

『続きのある家』
 
~そよ風流れるマンションリフォーム~
 
<概要>
景色の一番いい南側の畳室をフローリングにしてベッド
を置き、快適な寝室にしたいけれど、全体として上手く
いくでしょうか?というお題からスタートした計画。
テーマは「続き」のある心地よさ!そのままでも大きな
問題なく住めるお住まいでしたが、部屋と部屋の繋が
りをより丁寧に再考。建具の開閉で、行き止りなく
常に「続き」を感じる空間が理想と気が付きました。
よどみなく繋がる空間は、視界・風通し・自然光が
途切れずとても快適。自身のみならず来客を招き気ままに
過ごせます。また、最短の家事動線・生活動線を実現する
ことで、将来の介助サポート等もお願いしやすい空間に
なりました。永い目で見た安心・安全が確保され、
リフォーム前には無かった心地よさが感じられます。

場所:神奈川県横浜市   
用途:マンション住居(3LDK)
   50代女性一人暮らし
   サニタリースペースを中心としたリフォーム
構造:RC造、3階住居内の改修
住居面積:60㎡(18坪)

基本設計:高島屋スペースクリエイツ
     古川都市建築計画
実施設計・施工:株式会社横浜合板商会
写真:古川達也

 


リフォーム後、玄関正面の様子。
玄関床タイル・石材の上がり框や靴箱等は既存を
そのまま採用。廊下床は、居室全体共通仕上げとして
元のカーペットから全てフローリングに張り替えて
います。リフォームにより、北側玄関で、はじめて
南側窓の自然光が、感じられるようになりました。
 


before
玄関正面にサニタリー空間(風呂・脱衣・洗面)があり、
自然光は全く入らず、暗く風通しが悪い状況でした。


玄関は床・壁の仕上げを変える程度で建具そのものも
以前の風情を変えていない。玄関左にトイレがあり
本工事で使いやすく改修しています。


サニタリー空間に必要な洗濯機の配置を変え、正面の壁を
撤去することで、自然の光と風が感じられるようになった。
軽く丈夫なポリカーボネイト製で光を通す引戸で仕切る。


引戸を開けると南の寝室に直接繋がり、スムーズに行来
出来ます。朝の身支度。風呂上がりの休息。深夜のトイレ。
将来は介助サポートもし易い構成です。


北側にあった寝室を、景色の良い南側に配置。
朝日で目覚める、かけがえのない気持ちよさが実現。


before
元々はリビング横の畳室。お仏壇をよりよい所へ移動。
大量の衣類クローゼット機能を納戸に集約することで、
使いにくかった押入れを解体する計画となりました。


建具を開けることで、寝室と繋がるサニタリー空間を
介し、玄関まで見通せるようになりました。



洗濯したものが、南のベランダに直ぐ干せるだけでなく
洗濯機乾燥したタオルなど、直近の収納にそのまま
出し入れ出来る便利さが実現。


寝室とリビングの境は引込み戸とし、完全に仕切ること
や、あいまいに仕切ること等、生活シーンの中で楽に
調整出来る空間です。


before
リフォーム着手前のリビングダイニング。


リフォーム後のリビングダイニング。着手前の状態から
リビングとダイニングの関係を入替えています。
奥にあったダイニングテーブル椅子を手前に移動する
ことで、来客と気軽にお喋りやお茶を楽しむことが
出来るようになりました。
可変性のある照明器具は、多様なシーンに対応します。
家具は元々使っていたものを、全てそのまま活用。


リフォーム前はカーペット。マンション規約にあった
遮音等級LL-45に対応する建材を選定することで、
フローリング仕上げが実現します。今回、住まい手が
イメージしたのは「印刷された木目でなく本物の木材で、
しかも古材のような素朴で温かみのあるフローリング」。
数ミリの節あり無垢ナラ材を仕上げとした商品を選択。
住まい手が持っていたソファー生地やラグにもよく合う。
集合住宅用直貼防音床材として店舗用にも使われるタフな
商品を居室全体に採用し、とても素敵な風情となりました。


before


洗面所がそのままパウダールームになって便利。
実はここの床仕上げだけは濡れやすいので、他居室の
フローリング意匠に近い木目調の塩ビシートを採用。


before


開き戸だった出入り口を引戸にしたトイレ。
トイレ小物が収納しやすく、手も洗いやすくなりました。
住まいは何より水廻りが快適で楽しく活用できることで、
本当の安らぎが得られるのではないかと思います。

 

下地工事と電気設備工事の現場打合せ

2017年04月8日

 

まもなく屋内の仕上工事に入る現場。この段階の関係者間に
よる連携やコミュニケーションは特に大事だと思っています。

「心地良い風と緑のある家」では、中山建設中山さんの声掛け
で、施主・施工・設計の3者で現場集合。
空間の特徴が、かなり分かるようになってきているので
使い勝手も想像し易くなっています。

玄関から順に屋内を巡りながら、意見やアイディアを出し合う
打合せ。あるべき所にスイッチやコンセントはあるか、
手摺形状に対応した下地が仕込まれているか、造作家具
カウンター高さが予定通りで問題ないかなど、
一つ一つですが、持ち帰ることなく着実にその場で方針を
決定出来た、内容の濃い打合せとなりました。

IMG_1874
◆2階居間で、照明器具位置の微調整。

IMG_1873_2
◆1階玄関付近で、近付くと自動で照明が点灯する人感センサー
 付き照明のセンサー位置を調整。実際に歩きながら
 皆でシミュレーション。電気工事吉田さん、施主奥さま、
 中山さん、お疲れさまでした。

建築家31人×3works展 in マークイズ ご来場ありがとうございました。

2016年09月15日

IMG_7234

ご来場ありがとうございました!

9月9~11日の3日間 横浜マークイズみなとみらい4階
東京ガス横浜ショールームで行いました
建築家31人×3works 展。
3日間で約140名のご来場でした。
無事開催することが出来ましたこと、
心から感謝申し上げます。ありがとうございました!

次回は11月、新宿パークタワー1階
ギャラリー3で開催。
詳細は建築家31会ホームページでご案内して
参りますので、時々チェックして頂けましたら幸いです。

201609

家づくりトークショー

今回、会場内で滝川淳さんと一緒にトークショーを行いました。
テーマは『ヨコハマにこだわる』~住まいの「おもてなし空間」
トークショーの一部をご紹介します。
開港の街ヨコハマの皆さまは、もてなし上手であることに着目。
親しい方や、初めての方とも、状況に応じて接する準備があり、
住空間でも様々な方法で活かされているように思います。
屋外でもてなす。あるいは屋内でもてなす。そして、
その中間的なあいだでもてなす、といった実例として
横浜の住まいにおける「おもてなし空間」を中心にお話しました。

002
003
◆屋外でもてなす~例えば玄関先でもてなす。
設計実例【洗たく屋さんの家】
 玄関先の街にひらいた家庭菜園。あえてフェンス等の仕切りを
設けず、花が咲いたり実がなったりする様子が、道行く人々の眼に
触れるようになっている。季節感と共に来客との対話や、
おもてなしのきっかけを生んでいます。

004
005
◆屋内でもてなす~例えばリビングでもてなす。
設計実例【洗たく屋さんの家】
リビングにおける移動可能な「畳台」。来客の状況に応じて、
ダイニングの一部となったり、大テーブルになったり、
場所を移動し、休憩コーナーになったりします。

009
011
012
013
◆屋内外の中間的なあいだでもてなす~縁側サロンでもてなす。
設計実例【縁側サロンのある家】
積極的に活用していなかった住まいの一部を、庭と連続した
縁側サロンとしてリフォーム設計。誰もがいつでも気軽に立ち
寄れるスペースであり、外からスロープでアプローチ出来る、
バリアフリー空間です。

007
008

【縁側サロンのある家】は、本展示会へ2年前にご来場頂きました
ことがご縁で、庭と住まい全体をフルリフォームした
お客様の住まいです。

住まいは、そこに住む家族の暮らしを支えるよう、使い勝手や心地良さ
等を追求しますが、実はそこに住まない方々が来訪し、
楽しく過ごすための工夫も見過ごせません。
突然の来客や、お身内、親しい友人などを招いたり
「おもてなし」するといった観点でも、家づくりを考えることが
出来たなら素敵ですね。

20160910-1
◆滝川淳 × 古川達也 トークショーの様子

SUUMOスーモマガジン「自転車と快適な家」 掲載のご案内です!

2016年06月6日

SUUMO01

「自転車と快適な家」 掲載のご案内

移動手段としても、趣味や遊びとしても、
エコライフにかかせない自転車のある暮らしは、
ちょっと懐かしくもあり、きっとまだまだ進化します。
住まいや暮らしの一部として、
自転車が上手に取り入れられると嬉しいですね。

例えば、自転車と住まいの関係について
◆自転車が快適な家は、玄関まわりがポイント。
◆置き場所は玄関の近く、必要なスペースは畳1枚分。
◆家の中に置くなら、玄関まわりにひと工夫を。
◆玄関まわりのゆとり空間で、多様な使い方を!等々

スーモマガジン様の取材を受け
以前に設計した個人住宅「山見の家」を実例として
置き場所、出し入れ、メンテナンスなど
楽しく自転車が扱えるコツを、お話させて頂きました。

【SUUMOスーモマガジン「自転車と快適な家」
 RECRUIT編 広島版 2016年5月25日発行】
首都圏での入手はちょっと難しいのですが
掲載内容だけでなく、設計時のエピソードや、
誰もが活かせる目からうろこ?アイディアなど
気になることがございましたら

古川都市建築計画 わたくし古川達也まで
気軽におたずね下さい!^^

SUUMO02

空間イメージをスケッチでメモ

2016年02月17日

IMG_7502
 

空間イメージをスケッチでメモ

打合せ先、旅先など、
常に持ち歩いているスケッチブック。
打合せの内容やスケジュール調整なども書きとめたりしつつ、
スケッチは、マーカーやボールペン、鉛筆などで
思い付くままに描きます。

私の場合、スケッチは
文字を書くことと変わらない、メモのような感覚です。
アイディアや大切だと思ったことについて
出来るだけその場で、メモをとるように描く。

数日前に自宅の食卓で描いた
新築住宅計画「中庭ガレージの家(仮称)」のリビング。

車をとめる中庭とリビングの繋がり。その奥にひかえる
玄関土間としてのガレージ。
道具や小物を収納する戸棚やオープン棚。

屋内仕上げのメリハリや、造作。
主要構造である梁などを現しとする空間イメージなど。

特に、中庭やウッドデッキと繋がる横の広がりと、
吹抜け空間による、縦の広がりをもつリビングの魅力は
活動的で何にでも挑戦する、住まい手の個性と
共鳴するイメージです。
詳細設計は半ば。まだまだ進化させますが、
スケッチは、強い軸足となるように思います。

IMG_7478

新築住宅『図書館のある家』 竣工写真のご紹介です!

2015年07月14日

 
<概要>
大らかな河川敷に面する、自然豊かな環境。約9600冊の書籍を所有するご夫妻の住まいとして、将来移り住むことも視野に入れた、終の棲家(ついのすみか)としてのセカンドハウスです。建物半分は住宅、もう半分は私設図書館で、互いに連続します。書架空間は、建物竣工後、施主自身で楽しみながら、徐々に書棚を造作していく予定。広いデッキテラスと繋がることで地域に開かれ、気軽に来客をお迎えする空間となります。 → 着手時のエピソードはコチラ

場所:長野県長野市   
用途:住宅(移住を視野に入れた別荘)
構造:木造2階建て
敷地面積:546㎡(165坪)
建築面積:102㎡(31坪)
延床面積:110㎡(33坪)
建築設計:古川都市建築計画
構造設計:レン構造設計事務所
施工:飯島建設株式会社イイケンハウス
屋内建具工事:中村木工所
居間家具:ボーコンセプト横浜店
写真:GEN INOUE

Library house_01_3
将来のバリアフリーに配慮した、ほぼ平屋の構成。主要諸室は
全て1階です。一部を2階とすることで、目前に広がる川の
水面を上から眺められるようにしています。

Library house_02
河川敷からみた南側外観。屋根は2寸勾配(2/10勾配)の
シンプルな片流れ形状。雪国であることを考慮し、雪解けが
玄関側に影響しない屋根の形を追求しています。

Library house_03_2
遮るものなく広がる河川敷の景色を存分に楽しむ、大きな
開口部を配置。別荘として利活用し易いよう、シャッター
雨戸付きの窓(YKKap)を採用しています。

Library house_04_2
接道している東側正面。左は河川敷、右は駐車スペース。
景色を取り入れたい河川敷の方角以外は、プライバシー
配慮から出来るだけ小窓にしています。

Library house_05
玄関アプローチ。バリアフリー配慮から、積雪メンテナンス
し易い、コンクリート刷毛引き仕上げのスロープを設置。
オリジナル製作手摺、及びオリジナル木製引戸を採用しました。

Library house_06_2
玄関ホールは書庫そのもの。住まい手も来客も、沢山の本に
迎えられます。本の背表紙に誘われ、手に取りそのまま読書。
今後本が入ると、楽し過ぎて居間にたどり着けないかも。笑

Library house_07_2
河川敷に面する心地良いテラスに、そのまま本を持ち出して読書
出来る空間。また、大勢の来客がある場合は、テラスがそのまま
玄関になる考えです。

Library house_08-2
全ての居室から、河川敷の緑が楽しめる構成。広いテラスに
フラットで連続することで、心地良い環境を満喫できます。居間
と寝室は4枚引込戸により、しっかり間仕切ることも可能です。

Library house_09_2
日ごろはご夫妻での暮らし。水周り・居間・寝室が各々孤立せず
コンパクトに繋がる構成。居間は屋根勾配を活かした高い天井。
寝室上部は、広い小屋裏収納です。

Library house_10_2
書棚のある、居間と寝室。オーディオ機器やTVなどの家電は
書棚の一部に組み込む構成。

Library house_11_2
心地良い景色を感じながら調理出来るキッチン。経済性と機能性
を重視したシステムキッチンを採用。背面カウンター戸棚は、
細かく利活用を相談しながら設計した、オリジナル製作です。

Library house_12
水周りがコンパクトに隣り合う家事にやさしい空間。採光と通風
を重視、景色を垣間見ることも出来る洗面が心地いい。段差の
ない機能的なユニットバスは、引戸採用のバリアフリー仕様です。

Library house_13_2
低めの天井で落ち着いた寝室から、高い天井の伸びやかな居間と
テラスへ繋がる空間。書棚の向こうに書斎が見える、心地良い
距離感を大切にしています。

Library house_14
居間と吹抜けで繋がる2階多目的室。川の風景が楽しめる、
眺望スペースです。主にご親族や来客用の客間として活用。
引戸で分割可能です。手前は寝室上部の、広い小屋裏収納。

_MG_8089
2階多目的室からの眺め。夏は深い緑、冬は樹木の葉が落ち、
どこまでも続く山並みや、ゆっくり流れる川の水面を見渡せます。

Library house_16
Library house_17_2
木デッキテラスと吹抜けのある居間は、引戸によって微調整可能。
季節や時間帯、暮らしのリズムに合わせ、様々な居心地を生み
出すことが出来る空間です。

Library house_18_3
大好きな本と、借景としての緑豊かな環境を、存分に味わう
ことが出来る住空間。

Library house_19
アウトドアライフを、より楽しむための庇がある木デッキテラス。
少々の雨でも、心地良く外の風情を楽しめます。

Library house_20
居室の延長としての、木デッキテラス。コンクリートテラスは、
家庭菜園の野菜を洗ったり、火鉢を楽しんだりする目的もあり。
早朝のコーヒー、バーベキュー会、夕暮れ時のビール、などなど。

Library house_21
テラスは、もう一つの玄関。来客をテラスでおもてなしする機会
が増えそうです。

Library house_22
日が暮れたら、例えば、お酒を飲みながら読書。。
やってみたいことが増える。。 時間の使い方が変わる。。
そんな住空間に、育っていく予感です。