シソの実を頂きました。

2018年09月21日

 

シソの実を頂きました。

自宅前にある保育園の菜園で、いつものように
作業をされている園長先生を発見。
おはようございます!とお声掛けしたところ

「シソもっていきます?」と園長先生。

うれしい!ありがとうございます。

菜園に入れて頂き、シソのある場所へ行くと、
目の前で園長先生がザクッと収穫。花の部分を含む、
束をそのまま手渡し。シソの葉を、自分で一枚一枚
摘むイメージだったので戸惑っていると、

「実のところを、花カツオと、お醤油と混ぜると
美味しいから。。」と園長先生。

食べられんですか?

えっ知らなかったですか?~笑顔の園長先生。
よくお刺身とかに付いてくるでしょう、と解説頂き
なるほど!そう言えばそうだ。
あった、あった。笑
やってみます!ということになりました。

自宅にシソの束を持ち帰り妻に聞いたところ、
いつもながら妻は当然知っていて、常識!と。
驚くことも全くありませんでした。苦笑

帰宅していた二男と一緒に、実と葉を取って水洗い。
私自身が園長先生にレクチャー?頂いた通り
下ごしらえに着手しました。



実の部分を取り、昼間のうちに
花カツオとお醤油とあえてねかせておきました。
我ながら手際いい。自画自賛。笑

さて、夕暮れ時に食べてみたところ、
これはイケる!美味しいぞ。
香りがよく、家族皆にも好評です。
夕飯では、豆腐にのせたり、白ご飯にのせたり
家族それぞれ自分流で、楽しみました。

その後調べたところ、シソの実を楽しむ時は、
実が硬くなる一歩手前、先端に花が少し残っている
タイミングが食べごろとのこと。
まさに、絶妙なタイミングだったわけです。

園長先生ありがとう!^^

 

 

保育園の菜園訪問

2017年07月7日

IMG_4251
 

日課の早朝ウォーキング帰り、
園長先生が保育園の菜園で作業をされていました。

おはようございます!&気になったことを質問。
何の作業中ですか?

スイカの花のオシベから花粉をとって
メシベに受粉をしているとのこと。
子供たちと一緒に美味しいスイカを収穫するためだ。

「シソ食べます~?」と、園長先生の嬉しいお声掛け。
我が家で小6の次男がなぜか大好物のシソ♪
敷地内の菜園に入り、たくさんシソを頂きました。

菜園ではミニトマトやサツマイモなど
順調に育っている様子。
どれもみな、きっと楽しみな収穫。

子供たちのワクワクが、目にうかびます。
 

IMG_4248
園長先生が受粉作業をしていたスイカ。

IMG_4249
つやつやの鈴なりミニトマト。

木馬のレイズドベッド

2016年05月12日

IMG_1407

根岸森林公園となりの「馬の博物館」前、
レンガタイル敷きの正面アプローチに
馬の形をした木製の花壇が置いてあります。

親子の馬が、
それぞれにお花を背負って会話をしているようです。
微笑ましい、素朴なオブジェ。
レイズドベッド※として
とても丁寧に作られています。

地面に育つ草花を少し上にあげ
様々な人々が、気軽に観察したり香りを楽しんだり
楽しみの幅を広げていると言えます。
嬉しいですね。

※レイズドベッド:
一般に、レンガや石で囲い床面を高くした花壇のこと。
腰をかがめず手が届くこと、例えば車椅子利用の方も
観賞したり手入れしたり出来ることを意図しています。
小さなお子様からご高齢者など、出来るだけ多くの方が、
草花や菜園を楽しめるよう配慮した
ユニバ-サルデザインの考え方と言えます。

IMG_1401

菜園訪問で収獲体験。

2015年07月24日

20150722_2

夕食の買い物に出掛けようとしていたところ
保育園の菜園で、手入れをされていた園長先生に
「シソ食べます~?」と、お声掛け頂きました。

一緒にいた次男は、偶然にもシソが大好物。
菜園に迎えて頂き、収獲させて頂きました。
「トマトもどうですか?」
おっと。。実は、トマトは苦手な次男。笑

若々しいきれいな緑のシソと、とれたてのトマト。
早速夕食に頂きました。
シソ、美味~い!
夕食のカツや豆腐サラダと合わせたら絶品です。

そして。。次男もトマトを食べました。
次男いわく
ん?食べられるかも~?、あれっ美味しいぞ~!
期待以上のリアクションです。笑

季節感と食の豊かさ。
ささやかな日常で感じることが出来ました。
ありがとうございました!

20150722_1
◆園長先生に、コツを教えて頂きながら収獲。