カテゴリー:日常, 街歩きブログ 2014年01月16日

20140116_1

いつもの公園で、早朝ウォーキング。
寒さ際立つ凛とした公園。
木立が落葉し、全体的に見通しがきくので、
遠くまで良く見えます。

こころなしか、見えない遠くの音や
鳥の声も聞こえてくるような、、。
気のせいでしょうか?
あるいは、これは何か、
新年をうらなう、見通しのような^^。笑

本日は私の45回目の誕生日です。
妻から上着のプレゼントあり。
ありがとう!

20140116_2

タグ:,

カテゴリー:授業 2014年01月15日

20131204_1

芝浦工業大学 環境システム学科2年生の選択授業
「建築デジタルデザイン演習」で指導にあたっています。
デジタルデザイン環境を最大限に活かした建築設計の基礎を学ぶ授業。
あえて、製図台に向かい図面を描いたり模型を作製したりせず、
計画の初期段階から、3次元オブジェクトCADをつかい、
見えない情報の可視化や、空間の立体的計画を進めるトレーニング
を行います。ちなみに、CADツールの操作や指導はTA
(ティーチングアシスタント)の大学院生が2名体制で支援。
いつもありがとう!

20140115_1

従って、課題の提出は全てデジタルデータ。
毎週のエスキス(各自検討作業を持参し講師が指導・アドバイス
する作業)は、主に講師と学生のマンツーマンで行う事が多い
と思うのですが、この授業では全員参加。各自順番に発表し、
エスキスデータはスクリーンに映すことで情報共有する形で
授業が進行します。
計画の最適化や、相手にコンセプトを伝えることの大切さを
学ぶことになるのですが、小人数スタイルで、とにかくみな真剣。
~私自身も、毎回新たな何かを強く学んでいるように思います。

20140115_2

カテゴリー:お知らせ, イベント・メディア 2014年01月6日

Flyer_04_light

家づくり相談の出来る建築家の住宅模型展
「建築家31人×3works展(第11回)」が始まります。
31人の建築家が自身で設計した3つの住宅模型を展示。
会場では、建築家本人が、模型の説明や
お客様の家づくり相談などを行います。
ぜひお越しください。お待ちしております。

期間:1月9日(木)~13日(月・祝)
場所:MARK IS みなとみらい4階
東京ガス横浜ショールーム(入場無料)
詳細:建築家31会ホームページ
※建築家日程はコチラ

古川都市建築計画 古川達也の展示を一部ご紹介します。
緑豊かな環境に家族4人で暮らす一戸建て住宅「山見の家」
2階のリビングダイニングは、広々テラスもあって開放的。
TV番組「渡辺篤史の建もの探訪」でも紹介されました。

◆山見の家
20120927

今回、本展示会(第6回)にお越し頂きましたお客様の、
別荘計画「図書館のある家」(実施設計中)模型を展示します。
住まいづくりの参考になりましたら幸いです。 古川達也

◆図書館のある家
20140106_2

カテゴリー:むかえる家, ワークス /最近の仕事, 設計 2014年01月5日

20131125 003

施主ご主人と敷地で待ち合わせ、ご一緒に視察する
ことからスタート。
ねじれた地形の角地。道との高低差を活かした楽しい住まいを
構想したいと思いました。

20140105_1

敷地の高さや形状に強い特徴があるケースとして、
早い段階で敷地模型を作成。
常に手に取り、眺めながら計画を進めています。

20140105_3

3案にしぼり、
模型をつくりながら、アイディアの特徴を整理する進め方
となりました。
1階は居間と繋がるテラスのあり方の違い。
2階は将来間取りを変えられるよう大らかな構成です。

20140105_4

どの案も共通している点は、バリアフリーの観点から、
1階に、居間とお母様の寝室。
2階に、夫婦と4人の元気な子供たちのスペースを確保。
初回プレゼンテーションは、
住まいへのアプローチのあり方、
居間の広がりにつながるテラスのあり方など、
ご家族としっかりお話しすることができ、既に
大きな方向性と目標が明確となっています。

20140105_5

プレゼンテーションの始めから終わりまで
全て一緒に参加してくれた娘さんから、絵手紙を頂きました。
感動です。ウレシイ!
さらに案をみがいていきます。

20140105_6

カテゴリー:つなぐ庭の家, ワークス /最近の仕事, 設計 2014年01月5日

CIMG2609

新築住宅計画「つなぐ庭の家」が
いよいよ詳細設計に入ります。
先に竣工した「白楽の長い家」そのご親族の住まいを、
隣に建てる計画です。
打合せを重ね、主要な方針が全て決定しました。

テーマは、2つの庭。
◆一つ目の庭(前庭)
家族と家族を、心地よく繋ぎます。
2つの住まいの正面に設けた庭が、互いの間合いを
生みながら楽しめます。
◆二つ目の庭(バルコニー)
家族と街を、緩やかに繋ぎます。
隣家が接近した環境に対し、広いバルコニーを設け、
プライバシーと開放性を確保します。

「つなぐ庭の家」は、互いの間に程よい庭を設け、
快適な間合いを生み出した住まいとなります。

CIMG2601

カテゴリー:お知らせ 2013年12月29日

年末年始は12/29から1/5までお休みさせて頂きます。
来年もより魅力ある空間設計を目指します。
皆さま良いお年をお迎え下さい。 古川達也

カテゴリー:もう一つある家, ワークス /最近の仕事, 現場 2013年12月28日

中山建設の中山さんから、玄関引戸が出来た!
という報告ありました。
完成間近「もう一つある家」の玄関引き戸は、
屋外環境に比較的強い、レッドシダー製のオリジナル制作です。

現場の途中で、施主ご夫妻からご相談がありました。
設計時には無かった「小窓を付けたい」というお話です。

確かに、光を透し屋内外とも表情を和らげる小窓は魅力あり!
と考え、さっそく大きな紙を買ってきて
「原寸スケッチ」を描きました。
(写真にご注目!見えるでしょうか?木目も描きましたよ。笑)
現場に持ち込み、施主・施工・設計の皆でデザイン方針を一緒に
考えることが出来ました。

A案:窓と言う事で、他の窓と同様に四角で発想した案。
20141128_2

B案:四角があるなら、丸も考えてみようと発想した案。
20141128_1

C案:植物をモチーフにした案。
20141128_3

こうして決まった玄関引き戸のデザインは、いかに?

満場一致で~「C案」に決定!!
「シイの葉」をモチーフとした小窓。
完成した実物をご紹介出来る日が楽しみです。

ちなみにシイは、市の木として「もう一つある家」のある
伊勢原市のシンボルです。
写真は、シイの実ひろい。あぶって食べると結構美味しい^^。
20131128_4

タグ:, , , ,

カテゴリー:むかえる家, ワークス /最近の仕事, 設計 2013年12月28日

「むかえる家」A案
敷地の高低差を活かし、プライバシーと開放性を両立させた
テラスを配置した案。テラスとつながるリビングでは、
アイランドキッチンを中心とした、大らかな空間が特徴です。
CIMG2503

元気な4人の子供たちが飛びまわれる住まい。
訪れる人を楽しく迎えることが大好きなクライアント。
テーマは来訪者をお迎えする工夫です。
・来客をむかえる木の壁。
・祖母をむかえるスロープ。
・子供たちをむかえるテラス。
・友人をむかえるジャンボキッチン、など。
今後、A案を中心に愛猫をむかえるつくりを検討しつつ、
さらに案を進化させていきます。

「むかえる家」B案
玄関をテラス側に配置。全てのアプローチをテラスに集中する案。
駐車スペースからの動線が長くなることや、様々な来訪者による
アプローチの多様性が確保しにくいことが分かった。
CIMG2485

「むかえる家」C案
駐車場と連続するテラスを正面に配置し、開放性を追求した案。
勢い余った子供たちの飛び出しが問題となった。来客を含め、
前面に車が停まっている場合の快適性が課題となった。
CIMG2488

タグ:, , , ,

カテゴリー:フランス菓子工房, 日常, 設計 2013年12月24日

今年のクリスマスケーキは、特別なものとなりました。
~クリスマスまでに間に合わせたい~
オーナーシェフの強い思いを受け、スタートしたプロジェクト、
ケーキ屋さんリニューアル計画。
竣工した工場「フランス菓子工房」では、既に多くの
ケーキが生み出されています。

20131224_2

既存店舗の改装と、新たな工場新築を同時に行うため
休業期間を最短に抑えながら、法的整備や工事範囲のバランス、
リニューアルの価値を、関係者皆が感じることの出来る方針は何か、
何度もスケッチを重ねたことを思い出します。

20131224_1

実現したケーキ屋さんで作られるクリスマスケーキを買って、
自宅に持ち帰ることが出来るなんて、、。
ウレシイ!

20131224_3

~家族の反応は? ケーキすごーい!
もはや父が設計した工場で作られたことなど、どうでも良い雰囲気。
まあ、ケーキがとっても美味しいので、良しとしましょう!
メリークリスマス!!イイ夜です^^。

20131224_4

タグ:

カテゴリー:日常 2013年12月22日

20131222_3

一年のうちで日照時間がもっとも短くなる日「冬至」
我家では、お風呂に柚子を浮かべ、
家族皆いつもよりユックリ、イイ香りの湯を満喫。

ところが本日メインは、、、
弟夫婦が送ってくれた、大量のズワイガニとなりました。
ああ、なんという幸せ。弟夫婦よ、ありがとう。笑

20131222_5

そして、冬至にはカボチャを食べねば!
ということで妻が用意。ありがとう。
しかしカニの影に隠れ、少々地味な印象。ゴメンネ。

さて、カニは、そのまま食べても美味しいですが、
鍋に入れたり、長男が急きょ余ったご飯でカニチャーハンを
つくってくれたり、様々な味を楽しみました^^。

20131222_4

タグ:, ,