設計製図エスキス授業。@関東学院大学 製図室

2015年10月30日

20151023_3

関東学院大学の製図室。

設計製図のエスキス授業の開始前は、道具を持参した

大勢の学生諸君で賑わい、ガヤガヤ。

そんな空間は、何だかワクワクして好きだ。

20151023_1
◆わたくしも、今年で12年目^^(大学HPブログより)

今期は11人で手分けし、120人の指導にあたります。

一人ずつ、

持参したスケッチや図面をみながらアドバイス。

悩んでいる学生をみると、

自分の学生時代を思い出すことも。笑

20151023_2

大阪体験 My3大?!

2015年10月21日

 

大阪小旅行
家族4人。日ごろ、それぞれ都合や行きたい場所が
完全に重なることは少ないのですが、
なぜか皆で、大阪へ行こう!
と、話が急速にまとまりました。
ちなみに、私自身は人生2回目の大阪です。

妻のコーディネートで、一泊二日。
大阪小旅行となりました。
行きたいところ。。食べたいもの。。
家族4人、ほとんど同じでブレがなく驚きでした。

さて実物はいかに!!!
どれもみな、実に期待たがわぬ個性で
我々にせまってきました。
ざっくりですが、大阪スゴイ。笑
 

見たかった3大
【グリコの看板】【かに道楽本店の看板】【くいだおれ太郎】
3つの場所は近いので、ちょっと歩いておーっ!
またちょっと歩いておーっ!!という感じ。笑
20151018_1
20151018_2
20151018_3
 

行きたかった3大
【ユニバーサルスタジオ】【なんばグランド花月】【通天閣】
完璧なディズニーランドに対し、良い意味でゆるいつくり、
かつ懐の深いUSJ。よしもと芸人の皆さま、客イジリの
巧みさ。新喜劇の安定感ある笑い。笑
道路を跨ぎそびえる、通天閣真下のつくり等々が印象的でした。
20151018_8
IMG_1442
20151018_7
 

食べたかった3大
【たこ焼き】【お好み焼き】【串かつ】
イイダコが丸ごと一匹入った「踊りたこ焼き」。長男が下調べ
して拘った、お好み焼き「美津の」。串かつ「じゃんじゃん」。
20151018_5
20151018_4
20151018_6
 

番外編?【大阪城】
想像以上の外国人観光客で賑わっていました。
来訪者の8割以上が、外国人ではないかという印象です。
彼らが写真撮影しているポイントや視点を見ると興味深い。
最上階の展望スペース、屋内の展示など、
誰もが楽しめるような工夫が感じられます。
エンターテインメント性があり、海外からの来客が絶えない
理由ではないかと思いました。
ちなみに、インフォメーションで聴いたところ、
1番多いのが中国の方々。2番目が韓国の方々とのこと。

IMG_1401
IMG_1415
IMG_1418

この日、大阪城公園内【大阪城ホール】では、
人気グループ「サカナクション」のライブがありました。
日暮れには、1万人近い人々で、
きっと、さらに賑わったことでしょう。スゴイ。笑

20151018_9

「永く楽しむ家」 改築における土工事。

2015年10月20日

20151020_2
◆手押し車の往復ルートを確保しながら、土を排出。

「永く楽しむ家」現場は、コンクリート土間基礎工事に
先立ち、屋内側既存の土をすき取り運び出しています。

ゴロゴロ出てくる石とともに、土を手作業で運び出す作業。
新築工事と決定的に違う点は、
作業車両や機械が持ち込めないところ。
ほぼ全て手作業で土を掘り、手押し車(通称:ねこ)で
往復し、排出を繰り返す。

近日着手の土間コンクリート配筋作業に備え、
基礎底の状態や基礎の構成にかかわる重要な工程。
よろしくお願い致します。

20151020_4
20151020_1
20151020_3

「縁側サロンのある家」 屋内造作現場打合せ。

2015年10月19日

20151019_1
20151019_2

「縁側サロンのある家」では、
施主・施工・設計の3者で屋内造作の現場打合せ。

例えば「縁側サロン」窓際の造作では、現場進行中に
うまれてきた施主ご夫妻の書棚イメージを、
古川が簡単に図面化。
現場の窓に貼り情報が皆で共有できるよう工夫頂いてます。
施工担当者による、図面への手描き書き込みは、
さらに現場修正を重ねた記録。

また、耐力壁にかかわる既設のキッチン本体は
一端撤去し、耐力壁の下地を施工後、再び元の位置に
戻し調整中です。施主のイメージを大工さんが
ダンボール板にスケッチすることで、情報共有。

着実に工程を前に進めるには、対話が必須。
そして、やはり口頭でなく、図面やスケッチによる
目に見える形の情報共有が大切だと
改めて感じます。

20151019_3
20151019_4
20151019_5
◆キッチンや、各部収納スペースの棚形状など、
 施主ご夫妻が、要望やイメージを大工さんに
 伝えている様子。
 

「緑景の家」屋内造作の打合せ

2015年10月15日

20151004_1

新築住宅「緑景の家」。

施主ご家族、施工、設計で現場に集合。
現場の作業休憩時間に、皆で屋内造作の打合せをしました。
床・壁・天井の下地が概ね仕上がり、屋内のイメージが
出来るようになってきたところで、
各部の仕上げ素材や色など、サンプルを使って
皆で確認する主旨です。

本件で採用するシステムキッチンなどの設備機器も、
最終確認出来たので、ひと安心。
特に、この日は住まいの中心となる、リビングまわりの
オリジナル造作家具や階段など意見交換しました。
目指すイメージが、皆で共有出来たので良かったです。
ありがとうございました。

20151004_2

鎌倉市重要景観建造物指定「石川邸」を体験。

2015年10月14日

20151011_14
◆敷地正面の案内板。大正15年作家の里見弴(さとみとん)
 の住宅として自ら設計に携わり建築された建物であることが
 分かります。

街や建築の保全再生は、どの地域でも必ず課題となります。
独りよがりな修復等で、歴史的建築の国際的な価値を減じ
ないための、広い視野の知識と、技術の一端を学ぶ機会。
JIA(日本建築家協会)文化財修復塾に参加しました。

場所は、鎌倉市西御門の「石川邸(旧里見邸)
建築家の久恒利之さんが、建物オーナーよりお借りし、
建築設計事務所として活用しながら、同時に
西御門サローネ」として運営。
イベントの企画や、貸しスペースにおける売上の一部を、
建物の維持修繕費等にあてるなど、
活きた歴史を、自ら繋いでおられる貴重な建築です。

横浜の歴史的建造物の調査・改修等を数多く手掛け
られている、建築家の越智英夫さんによるレクチャー後、
参加者2人一組で、現地屋内の実測調査実習を行いました。

実測&記録を繰り返し、進めていると、
ただ眺めているだけでは感じない、寸法や形態リズムの
美学が、何となく伝わってくるので面白いですね。
とても勉強になりました。

20151011_2
20151011_13
◆石川邸外観正面。庇を支える柱は「バンデッドコラム」。
 下部石製手摺の加工形状は「ごまがらじゃくり」と
 呼ぶとのこと。(越智氏レクチャーより)

20151011_6
20151011_9
◆建物正面にサンルーム有り。屋内外の繋がりと、
 利活用の様子を想像すると、「縁側」に近い印象です。

20151011_15
20151011_7
20151011_10
20151011_5
◆建物の奥に渡り廊下で繋がる茶室がある。茅葺き屋根の
 和風空間。窓下は無双窓がしっかり保全され機能している。

20151011_3
◆越智英夫さんによる、歴史的建造物調査・報告書づくり
 等のレクチャー。以下は、その一部。ある意味科学的であり、
 他分野においても活かせる技術。勉強になりました。

・芯を疑う。例えば、計ることなく柱間の寸法を910mm
 だと思い込まない。僅かな違いに、重要な寸法が隠れている
 可能性があるからだ。
・調査とは、建築を言葉に置き換える作業。広いとか大きい
 とか印象を述べるのでなく、具体的に何mmなのか、
 何坪なのか、実測し根拠のある数量を記録することが重要。
・根拠不明瞭の場合は断定しない。推定する、思われるなど
 という伝達技術を身につける。報告書にウソがあっては
 ならないからだ。記録日や記録者明記も必須。
・調査後は、皆で総括する。個別の記録メモをそのままに
 せず、皆で意見を出し合うことで、より客観的な記録を
 残す。一人で判断しないことが重要とのこと。 等々

20151011_12
20151011_4
20151011_8
◆屋内外とも見どころ満載の玄関ホール部分。建築家の
 三上紀子さんとコンビで実習。実測&展開図作成を担当
 しました。

20151011_11
◆建物内の一角は、久恒利之さんの建築設計事務所。
 庭を愛でる高い天井の落ち着いた空間。とても素敵でした。
 お忙しいところ御案内頂き、ありがとうございました。

 

街を味わう乗り物?!

2015年10月11日

20151011_1

勉強会参加のため、JR鎌倉駅から目的地まで
徒歩30分ほど。久々に鎌倉散策しました。

店が立ち並び賑わう、小町通りを歩き、
鶴岡八幡宮前で「人力車」の往来に出会う。
車よりユックリで、徒歩より早い。
一人乗りもあるようだが、
やはり二人乗りは、ひそひそ話も出来て楽しそう。
車夫のお兄さんとの会話も貴重。
広範囲かつ迷わず様々なスポットをまわり、
きっと独特な視点で街を味わえるに違いありません。

違いありません?!~そうか!
つまり自分は乗ったことがないので、
どのように楽しんでいるのか、分かっていないのだ。

これはいかん。
一度、体験せねば、一生分からないことだ!
で、誰と乗車しよう。妻が良いか?
きっと照れて反対するに違いありません。
いや、いつかワーワー言って、
ダマシテ、一緒に乗ろう!笑

 

趣味と暮らしの講座、初回終了です。@玉川髙島屋S・Cカルチャーセンター

2015年10月10日

20151010_1
◆プロジェクターを使い、多くの実例紹介によって
 出来るだけ分かり易くお伝え出来ますよう工夫。
 

玉川髙島屋S・Cカルチャーセンター
コミュニティクラブたまがわで開講しました、
満足できる暮らしと住まいの3つの法則
初回講座が終了しました。

建築家の前田敦&古川達也の2人で講師を担当。
一部:住まいの文化の変遷
二部:新築文化とリフォーム文化
三部:これからの住まい文化を展望
途中、休憩&ざっくばらんな質疑応答を含め、
約90分間の講座でした。

ご参加頂きました皆さま、
素敵な時間を過ごすことが出来ましたこと、
感謝申し上げます。ありがとうございました。

次回は11月14日開講です。途中参加も可能なので、
詳しくはコミュニティクラブたまがわまで
是非、気軽にお問合せ下さい。

20151010_2
◆建築家 前田敦さんとわたくし古川の2人で担当。
 前田さん、色々サポートありがとうございました。
 楽しい時間でしたね。そしてとても勉強になりました。

IMG_0963
◆会場の様子。ざっくばらん、かつ真剣な雰囲気。
 良い機会となりました。(撮影:河辺さん)

 

趣味と暮らしの講座を受け持ちます。@玉川髙島屋S・Cカルチャーセンター

2015年10月8日

20151008_3
    ◆コミュニティクラブたまがわホームページご案内より

 
◆趣味と暮らしの講座を受け持ちます。

玉川髙島屋S・Cカルチャーセンター
「コミュニティクラブたまがわ」にて、建築家仲間の皆さま
と共に、講座を受け持つことになりました。建築家の立場から、
住まいや暮らしの法則?!をこっそり伝授します^^。

月1回、10月~3月までの6か月間で、全6回の開催。
「満足できる暮らしと住まいの3つの法則」というテーマで
毎回違った内容が楽しめます。
 

◆初回10月10日(土)講座を担当します。

初回は「建築家 前田敦&古川達也」が対談スタイルで担当です。
内容『新築文化とリフォーム文化 住まいの文化を再考する』

少し固い?印象ですが、近年とても注目される
「リフォーム」と「新築」それぞれの魅力を、建築文化の
歴史を通して、分かり易くお話しする予定です。
きっと、自分スタイルの暮らしがみつかる、きっかけとなります!

→詳しくは
コミュニティクラブたまがわ」又は、古川都市建築計画まで

20151008_1
◆コミュニティクラブたまがわホームページご案内より

IMG_0838
◆とてもくつろげる休憩スペース。学びに来られる皆さまの
 楽しい出会いの場となっています。

 

「永く楽しむ家」 解体作業の終了

2015年10月7日

20151006_6
◆床・壁・天井が解体され、長い間隠れていた主要構造の状況
 が明確となりました。
 

震災再生リフォーム住宅「永く楽しむ家」。

解体作業がほぼ終了し、隠れていた部分を皆で確認するため
施主・施工・設計の3者で集合。
選択肢がひろい屋内外の仕上げ素材や色なども、色々な
立場や見方で話をしながら決めるという主旨もありました。

打合せに先立って、既に現場監督の飯島建設竹内さんより
施工図を頂いてました。
乗り越えるべき課題や問題が共有でき検討内容が一目瞭然、
明快な手描きの施工図です。
現場に向かう新幹線車中で、頂いた施工図を再度確認させて
頂きました。現場で話したいことも、しっかりイメージ
でき心強いです。

20151006_4
◆施工図確認 @新幹線はくたか

20151006_1
20151006_2
◆施主ご夫妻とサンプル確認。

現場を皆で確認。
温存する部分や、一時撤去し最終的に戻す考えの部分など
全て解体する作業に比べ、手順が複雑で、時間もかかる
作業であったことが、ひしひしと伝わってきます。
下地となる構造部分の確認が出来たことにより、
設計時の方針で、屋内外各仕上げが概ね予定通りの仕様で
進められそうです。

現場監督竹内さんによる、事前の施工図作成、
全ての検討用建材サンプル・色見本の持参、打合せ手順の
メモ用意。打合せでは、そのメモの上に決定事項を議事録
としてしっかり記録。全て順良く進めて頂きました。

私自身、横浜からの遠方現場監理。この日も
打合せ時間が少しでも無駄になることがないよう、
施主ご夫妻のご協力、飯島建設大久保さん、宮入さんにも
各場面サポート頂きました。

皆さまありがとうございました!

20151006_3
◆竹内さん打合せ記録の様子。

20151006_5
◆施主ご主人と古川で、既存柱の欠損・不備状況を確認。
 飯島建設大久保さんよりご提案のあった、構造補強方針
 をお話することが出来ました。(飯島建設宮入さん撮影)

 

1 / 212