施主ご家族と住まい建設予定の棟梁と意見交換

2022年04月9日


施主宅で打ち合わせ。左奥が棟梁の佐藤明さん。

 

相模原市緑区の木造平屋建て個人住宅計画。確認申請に向け、構造設計や細かな仕様を詰めていく段階です。施主宅に集合し、施主ご夫妻が希望する住まい建設予定の棟梁(佐藤明さん)と意見交換。設計内容を磨く機会となりました。出来るだけ施工時に困ることのないよう、設計の過程で事前に大工さんと目指すところを共有していく打合せと言えます。

建物外周部は4寸角(120×120)柱とし内側は全て3.5寸角(105×105)柱とすることで、性能と経済性のバランスをとる設計で進めていました。施主ご家族が希望する地元産の木材で建てる家づくり。自然乾燥し倉庫に保管してある地元スギ・ヒノキ材を棟梁に見て頂いたところ、本計画の柱は全て4寸角ヒノキ、梁は全て4寸幅のスギとして、材料が確保できることが分かったことをお聞きし、その方針に切り替えることを皆で決めることが出来ました。

具体的には、本件構造設計担当のリーフ・アーキテクツ・デザイン関野さんによる構造図をもとに、棟梁が倉庫の木材を製材。曲がったものや不揃いの材を、棟梁の目利きと手仕事で加工し易い状態まで高めます。その木材を予定しているプレカット工場に運び、現場で円滑に組み上げられる状態まで機械加工する段取り。昔からある手仕事と近代的技術を融合させることで、地元産木材を活かしきる住まいづくりを実現させます。

図面だけで読み取りにくいと思われる部分も、その場で直接棟梁から質問頂くことで、ニュアンスや工夫のいろはを、相互に意見交換出来ました。特に、外壁仕上げではモルタル下地の上に吹き付けをする計画で進めていますが、棟梁と連携される地元左官屋さんによる現地の環境に合った下地のつくり方で、設計の主旨をより合理的に実現する仕様で進められることが分かり、とても良い機会でした。

 


写真:施主娘さん撮影

 

神主さんにご家族や土地の背景を知って頂き執り行われた地鎮祭

2022年03月12日

横浜市栄区の新築住宅計画。先日確認申請がおり着工の準備に入っています。

本日、和やかでとても学びある良い地鎮祭に参加出来ました。この日、はじめてお会いした神主の方から「もともとあった古家を解体し新たな住まいを建設する計画だったと聞いてます。なぜ道路際の植栽は残してあるのですか?」と尋ねられました。

もともとご親戚の土地で、着工前に解体した古家は、施主ご主人が子供のころからよく遊びにきていた場所。庭の植栽は樹種などもご主人はよく知っていて、撤去してしまうことは想像できない。何年もかけて街並みに馴染んできた植栽でもあるから、残すことが自然だと思う。そのような施主ご夫妻のお考えで、古家の庭木はそのまま残し、新居の住空間へ活かすことになった背景を、神主の方にお伝えしました。「是非そのことを踏まえ(思いを巡らせるという意味だと受け取りました)地鎮祭を執り行います」とお話し下さいました。

神主さんのお声掛けから、ほんの少しではありますが、参加者皆がご家族や住環境の背景を共有出来ました。不思議なことかもしれませんが、おそらくその事があったので、神主さんの所作一つ一つ、言葉の一つ一つがとても鮮明で丁寧だと感じました。たまたまではなく、日ごろから可能な範囲でお客様の背景を共有してのぞむことを心掛けておられるとのことでした。素晴らしいと思います。「背景を理解することの大切さ」を改めて神主さんから学んだ地鎮祭でした。

本計画は、中山建設&古川都市建築計画の家づくり協働プロジェクトです。互いの得意技や気付きなどを全て活かし、施主ご家族と一緒に住まいを創造して参りたいと思います。


横浜市栄区の新築住宅計画「寄り道できる家」基本設計時のイメージモデル。

地盤調査を行いました。@相模原市 新築住宅計画

2022年02月17日

 

HGサービス株式会社の大澤さんに依頼し、新築住宅建設予定地で地盤調査を行いました。運良くお天気に恵まれましたが、年明けに降った雪が残り、じっとしていると、とても身体が冷えます。施主ご主人と一緒に、現地立会いでスクリューウェイト貫入試験を行ないました。

梅畑である農地を、建物を建てるための宅地へ転用する予定の敷地です。計画中の建物4隅と中央の5箇所を調べるのですが、場所によって既存の梅の木がある場所は、出来るだけ近い位置で調査機器を据え計測して頂いてます。

地盤の硬い層の把握や、地盤改良必要性の有無などを検討する客観的なデータを得ることが出来ました。立会いをしていると、計測をしている担当の方(今回は中村さん)から、地盤の細かな様子や、様々なご経験から感じとる地盤の特徴をリアルタイムで直接聞けるので、出来るだけ立会うようにしています。今回も設計において、大変重要となるヒントを頂けました。ありがとうございました。

@相模原市緑区、新築住宅計画「屋外と屋内とその間がある平屋(仮称)」

設計中の住まいイメージモデル

 

ご家族の希望する地元工務店様と初回意見交換

2022年02月5日

 

ご家族の希望する地元工務店様と初回意見交換

 

相模原市緑区の木造平屋建て個人住宅計画。間取りや柱・梁など主要構造の方向性が見えてきた実施設計の中間地点です。屋内外の仕上げや各部素材などを見極め仕様を決めていくためにも、工事費概算が分かると嬉しい状況。施主ご家族が希望している地元工務店様に、現段階の図面で工事費の概算見積りを算出頂くことになりました。

場所は建設地の地元工務店、有限会社森林ハウス・エイワン様オフィス。施主・施工・設計の3者で集まり、持参した1/100模型と実施設計図で、住まいの特徴や目指すところを、直接ご説明させて頂きました。

自然乾燥した杉・ヒノキなど地元の木を出来るだけ活用して建てることや、屋内の壁にも予算とのバランスをみながら、無垢板材を活かした仕上げにしていくなど、地元家づくりの知恵や技術などご指導頂きながら、住まいづくりの魅力を高める良い意見交換ができました。ありがとうございました。概ね1ヶ月後に見積り金額をご提示頂く予定で進行します。

 


場所は、建設地の地元工務店、有限会社森林ハウス・エイワン様オフィス。持参した1/100模型と実施設計図で、住まいの特徴や目指すところを、直接ご説明させて頂きました。撮影:娘さん

当時施工担当頂いた皆さまによるプチリフォーム検討 @山見の家

2022年02月1日


築17年、個人住宅「山見の家」/2022年1月31日

 

当時施工担当頂いた皆さまによるプチリフォーム検討 @山見の家

 

築17年。施主ご夫妻からプチリフォームのご相談を頂き、設計しました個人住宅「山見の家」に参りました。

・ポスト口のあるスチール玄関ドア
 →ポスト口の無いオリジナル製作の木製ドアに交換

・トイレ便器の水漏れ、センサーの不具合
 →新しい便器に交換(コロナ禍の入荷を見極めつつ)

・在来風呂壁面のバスパネル端部のはがれ
 →新しいバスパネルに交換又は上から貼る

・在来風呂タイル目地の汚れ
 →サンポール等を使い施主自身で清掃してみる

・給湯器屋内リモコン表示不具合
 →リモコンの交換等を検討する

・2階北側ウッドデッキしずみ(南側は問題なし)
 →新しいウッドデッキに交換又は撤去

・2階リビングの無垢板フローリングのシミ
 →表面サンダーがけの見積り検討

・ガルバリウム鋼板外壁下端部の部分錆(北側)
 →緊急性がなく様子をみる(いずれ全面塗装)
 
住まいのアフターメンテナンスは、とても重要で大変重視しています。志しを共有しています当時の施工を担当された辻本工務店辻本さん、住設イタヤマ野口さん、様々なお仕事をご一緒しているSTYLE田代さんに現地集合して頂きました。幅広いご経験や詳しい分野の視点でアドバイス頂き、今後の方針を決定することができました。ありがとうございました。春に順次工事着手できますよう進めていきます。

 


この日予定より30分早く到着。窓越しで、くつろぐご主人を発見^ ^


玄関扉の不具合を皆で確認し新たなドア製作に向け意見交換。


屋内の様子。植物をたくさん育て楽しんでおられます。

 

※合わせてご覧下さい。

◆「山見の家」竣工写真 >コチラです
◆「山見の家」暮らしの様子 >コチラです
◆「山見の家」新建築住宅特集 掲載 >コチラです
◆「山見の家」渡辺篤史の建もの探訪 >コチラです
◆「山見の家」建築家31会 事例紹介 >コチラです

 

 

キッチンカー計画 モックアップ編がYouTubeで公開されました

2022年01月9日

 

キッチンカー計画 モックアップ編がYouTubeで公開されました

 

家づくり・まちづくりを実践する横浜の工務店(株式会社中山建設)さんが取組むキッチンカープロジェクト。『キッチンカー計画 モックアップ編』として、キッチンカーを試作検討する様子がYoutubeで公開されました。古川達也は本計画のデザイン監修を担当。動画内では、実際の軽トラックを前に、日ごろの建築設計と変わらずリアルタイムでスケッチを描き、各部寸法や形状など、大工さんと一緒に検討しています。

キッチンカー計画モックアップ編
Youtube動画はコチラです→ https://youtu.be/WCbcBW2wO4Q
動画制作:中山建設

 


『キッチンカー計画 モックアップ編』動画より

 

キッチンカーのデザイン監修

2021年12月27日


製作現場でイメージを共有するため、その場で描いたスケッチの一部。

 

キッチンカーのデザイン監修

 

横浜の家づくり・まちづくりを実践する工務店(株式会社中山建設)さんが取組むキッチンカープロジェクト。場所は工務店作業場に面する駐車場です。キッチンカーの機能性や自由度、耐久性や経済性などの基本方針を検討する試作に、デザイン監修でお招き頂き立会いました。例えるならキッチンカーの原寸模型製作。その場でイメージや寸法のおさえを描き、軽トラックに向き合う時間が刺激的でした。

このキッチンカープロジェクトは、キッチンカーで営業やビジネス、まちづくりを始めたい方々のために、中山建設さんが町を応援する目的でキッチンカーを製作する支援活動としてスタートします。キッチンカー本体のあり方検討と同時並行で、実際にキッチンカーで活動したい方々が集まりメニュー等も含めたワークショップもスタートしました。具体化に向け、まさにこれからと言えます。楽しみです。詳しくはコチラ→

我々建築設計に繋がることも多々あり、仕事というより、大変学びある機会だと感じてます。

 


キッチンカーの機能性や自由度、耐久性や経済性などの基本方針を検討する試作。私がその場でイメージや寸法のおさえを描き、大工さんがリアルタイムで形にしていく作業。軽トラックの横で休憩する風情は、既にキッチンカーの営業が始まっているようで面白い。笑

 

駐車スペースの違いによる2種類の計画とプレゼンテーション

2021年12月5日


中山建設様オフィスにて、お客様への初回プレゼンテーションを行いました。(撮影:中山建設)

 

駐車スペースの違いによる2種類の計画とプレゼンテーション
 

1ヶ月前にお客様ご夫妻の土地を視察しつつご要望をヒアリング。古川都市建築計画では概略間取りや立体的イメージが共有できる模型を製作して持参。中山建設さんは工事費概算や竣工までのスケジュール資料を用意。中山建設オフィスに集合し初回プレゼンテーションを行いました。

駐車スペースの設け方の違いで、2種類の住まい計画をご提案。模型では佇まいの違いがご家族と共有できるよう、植栽やベンチ、車や人なども入れ工夫しています。



 

お客様ご夫妻には、ウッドデッキのあり方と、駐車スペース3台分を設けた住まい配置を大変気に入って頂き、設計契約のはこびとなりました。住まいのテーマは「通り土間のある家(仮称)」。住空間の真ん中に通り土間があるライフスタイルを模索しながら頑張って参ります。中山建設&古川都市建築計画のコラボレーション家づくりによる、新たなプロジェクトとなります。




3台分の駐車スペースを設けた案のコンセプトモデル。屋内外とも具体的な計画はこれからですが、外観では、前面道路から引きがあることや、リビングと繋がるウッドデッキなども印象的な住まいとなりそうです。

 

新築一戸建て住宅の参考提案から設計契約へ

2021年11月23日


ご自宅に伺い、持参した概略間取り図とイメージ模型で、古川が参考提案を行っている様子。撮影:娘さん

 

新築一戸建て住宅の参考提案から設計契約へ
 

住まいの設計をお任せ頂く際に、お客様ご家族としては、誰に相談したら良いか、あるいは設計者と自分たちとの相性など、なかなか直ぐには判断出来ないものです。古川都市建築計画では、一度お会いし、住まいに求める機能や使い勝手などをヒアリング。建設予定の敷地を視察したうえで、その後1ヶ月前後を目処に初回参考提案(設計の流れ/初回企画提案)を行うことで、設計をご依頼頂けるかご判断頂く場合が多いと思います。

初回提案の場所は、お客様のご自宅や古川都市建築計画などとなりますが、近年はお客様のご希望により、zoomなどを活用しリモートで行うこともあります。今回は、相模原市のお客様宅に伺い持参した概略間取り図とイメージ模型による参考提案を行っております。もちろん、細かな間取りや各部設計内容など今後高めていくことになりますが、この日そのまま設計監理のご契約をさせて頂くことになりました。写真はご家族の娘さんが撮影されプレゼントして下さいました。ありがとうございます。一年後となります来年末竣工を目指し、頑張って参ります。

※家づくりをお考えの皆様、設計者をお探しの皆様、お客様の状況に合わせて、様々なご提案やサポートをして参りますので、気軽にご相談ください。お問い合わせフォームはコチラです>

 

ZEHビルダー/プランナー実績報告を行いました

2021年06月30日

 

ZEHビルダー/プランナー実績報告を行いました

 

古川都市建築計画は、経済産業省がすすめるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業の、ZEHビルダー/プランナーに登録しています。【古川都市建築計画 ZEHビルダー/プランナー登録番号:ZEH28B-03609-CR】

以下、普及率目標と実績報告(年度毎)を行いました。ZEH普及と共に、皆さまの暮らしをみつめ、より良い住環境の創出を目指して参ります。

 

◆普及率目標と実績報告(年度毎)

目標・・・・・・・2020年度・・・2020年度実績・・・・2025年度
ZEH受託率・・・・・・50%・・・・・・0%・・・・・・・・50%
NearlyZEH受託率・・・ 0%・・・・・・0%・・・・・・・・ 0%
その他の住宅受託率・・50%・・・・・100%・・・・・・・・50%