弘明寺マンションリフォーム「続きのある家」 竣工スナップ写真公開

2018年04月1日

 

『続きのある家』
 
~そよ風流れるマンションリフォーム~
 
<概要>
景色の一番いい南側の畳室をフローリングにしてベッド
を置き、快適な寝室にしたいけれど、全体として上手く
いくでしょうか?というお題からスタートした計画。
テーマは「続き」のある心地よさ!そのままでも大きな
問題なく住めるお住まいでしたが、部屋と部屋の繋が
りをより丁寧に再考。建具の開閉で、行き止りなく
常に「続き」を感じる空間が理想と気が付きました。
よどみなく繋がる空間は、視界・風通し・自然光が
途切れずとても快適。自身のみならず来客を招き気ままに
過ごせます。また、最短の家事動線・生活動線を実現する
ことで、将来の介助サポート等もお願いしやすい空間に
なりました。永い目で見た安心・安全が確保され、
リフォーム前には無かった心地よさが感じられます。

場所:神奈川県横浜市   
用途:マンション住居(3LDK)
   50代女性一人暮らし
   サニタリースペースを中心としたリフォーム
構造:RC造、3階住居内の改修
住居面積:60㎡(18坪)

基本設計:高島屋スペースクリエイツ
     古川都市建築計画
実施設計・施工:株式会社横浜合板商会
写真:古川達也

 


リフォーム後、玄関正面の様子。
玄関床タイル・石材の上がり框や靴箱等は既存を
そのまま採用。廊下床は、居室全体共通仕上げとして
元のカーペットから全てフローリングに張り替えて
います。リフォームにより、北側玄関で、はじめて
南側窓の自然光が、感じられるようになりました。
 


before
玄関正面にサニタリー空間(風呂・脱衣・洗面)があり、
自然光は全く入らず、暗く風通しが悪い状況でした。


玄関は床・壁の仕上げを変える程度で建具そのものも
以前の風情を変えていない。玄関左にトイレがあり
本工事で使いやすく改修しています。


サニタリー空間に必要な洗濯機の配置を変え、正面の壁を
撤去することで、自然の光と風が感じられるようになった。
軽く丈夫なポリカーボネイト製で光を通す引戸で仕切る。


引戸を開けると南の寝室に直接繋がり、スムーズに行来
出来ます。朝の身支度。風呂上がりの休息。深夜のトイレ。
将来は介助サポートもし易い構成です。


北側にあった寝室を、景色の良い南側に配置。
朝日で目覚める、かけがえのない気持ちよさが実現。


before
元々はリビング横の畳室。お仏壇をよりよい所へ移動。
大量の衣類クローゼット機能を納戸に集約することで、
使いにくかった押入れを解体する計画となりました。


建具を開けることで、寝室と繋がるサニタリー空間を
介し、玄関まで見通せるようになりました。



洗濯したものが、南のベランダに直ぐ干せるだけでなく
洗濯機乾燥したタオルなど、直近の収納にそのまま
出し入れ出来る便利さが実現。


寝室とリビングの境は引込み戸とし、完全に仕切ること
や、あいまいに仕切ること等、生活シーンの中で楽に
調整出来る空間です。


before
リフォーム着手前のリビングダイニング。


リフォーム後のリビングダイニング。着手前の状態から
リビングとダイニングの関係を入替えています。
奥にあったダイニングテーブル椅子を手前に移動する
ことで、来客と気軽にお喋りやお茶を楽しむことが
出来るようになりました。
可変性のある照明器具は、多様なシーンに対応します。
家具は元々使っていたものを、全てそのまま活用。


リフォーム前はカーペット。マンション規約にあった
遮音等級LL-45に対応する建材を選定することで、
フローリング仕上げが実現します。今回、住まい手が
イメージしたのは「印刷された木目でなく本物の木材で、
しかも古材のような素朴で温かみのあるフローリング」。
数ミリの節あり無垢ナラ材を仕上げとした商品を選択。
住まい手が持っていたソファー生地やラグにもよく合う。
集合住宅用直貼防音床材として店舗用にも使われるタフな
商品を居室全体に採用し、とても素敵な風情となりました。


before


洗面所がそのままパウダールームになって便利。
実はここの床仕上げだけは濡れやすいので、他居室の
フローリング意匠に近い木目調の塩ビシートを採用。


before


開き戸だった出入り口を引戸にしたトイレ。
トイレ小物が収納しやすく、手も洗いやすくなりました。
住まいは何より水廻りが快適で楽しく活用できることで、
本当の安らぎが得られるのではないかと思います。

 

省エネルギー二世帯住宅 “個別見学会”ご来場ありがとうございました。

2017年11月26日

 

ご来場ありがとうございました。
 

まもなく完成を迎える、横浜市都筑区の省エネルギー
二世帯住宅「ぐるっと回れる家」。
事前予約制の“個別見学会”が無事終了しました。

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)を実現する
シンプルな工夫。耐震等級3を実現する構造計画。
施主ご家族の希望により自ら家づくりに積極的に
かかわることが出来るよう、仕上げ過ぎない自由度の
高い骨格がテーマの住まいでもあります。
仕切りの少ないワンルーム空間で、安定した温熱環境を
実現する最小限の設備計画なども、実物を見て触れて
感じて頂きながら、ご案内させて頂きました。

お天気に恵まれた、気持ち良い休日。
ご来場頂きました皆さま、ありがとうございました。
聞き足りなかったことや、再度聞いてみたいことなど
気軽にお問合せ下さい。
都合が合わず参加が叶わなかった皆さま、
個別に機会を設けて参りますので、ご相談下さい。

古川都市建築計画一級建築士事務所 古川達也

 

IMG_8159
IMG_8165
階段を中心にぐるっと回れる2階居住空間。

IMG_8152
IMG_8149
1・2階が繋がる格子状の床は、視線を通し気流を
活かす吹抜け空間。

IMG_8167
1階リビングダイニング。壁を塗ったり、床を張ったり、
洗面台や棚などの造り付け家具製作など、ご家族のDIY
が住まいの味わいと、とっておきを生みだしてます。
今後も住みながら進化を続ける住空間です。

※見学会の企画準備をして下さいました、
中山建設スタッフ皆さま、ありがとうございました。

 

省エネルギー二世帯住宅の設計実例 “個別見学会”開催お知らせ!

2017年11月23日


 

省エネルギー二世帯住宅の設計実例 “個別見学会”
開催お知らせ!

 
ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)対応の省エネルギー性能や
耐震等級3を実現した、永く楽しく住むことができる
横浜市の新築住宅「ぐるっと回れる家」。
施主ご家族のご厚意により、予約制の見学会を開催します。

◆日時:2017年11月26日(日)
    10~16時、事前予約制
◆場所:横浜市都筑区
◆見どころ:
・ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)対応の省エネ住宅。
・耐震等級3を実現した、地震に大変強い木造住宅。
・床下のエアコン一台で全館冷暖房を実現する住空間。
・ぐるっと回れる楽しい間取りの住空間。
・お施主様による床張り・壁塗りなど素敵なDIY空間。 
◆主催・お問合せ:中山建設 http://nakaken.info/

◆設計者(古川達也)による現地ご案内希望:
・下記まで直接ご予約下さい。
古川都市建築計画一級建築士事務所 古川達也

 

8/10から8/14まで夏季休暇を頂きます。

2017年08月9日

 

古川都市建築計画は、8/10から8/14まで

夏季休暇を頂きます。

暑さ対策など、お出掛けには充分お気を付け頂き

皆さま良い夏休みをお過ごし下さい。 

古川達也

 

追伸
先日、川崎市の新築住宅計画「心地よい風と緑のある家」で
竣工写真撮影があり立ち合いました。撮影は塚本浩史さん。
撮影の休憩時間、ご夫妻お手製の、かき氷を頂きました。
本当に美味しい!
住まいの素敵な写真は、後日ご紹介して参ります^^
お楽しみに!
 

心地よい風と緑のある家撮影03
心地よい風と緑のある家撮影02
心地よい風と緑のある家撮影01

『中山建設 アウトドア・サイン計画』 竣工スナップ写真

2017年07月31日

 

『中山建設 アウトドア・サイン計画』

<概要>
木の魅力を活かした家づくりを追求する、株式会社中山建設様の屋外看板計画。道路に面する視認性の高い場所への配置から提案。オフィス兼作業場環境の敷地全体再生計画における一部であり企業イメージディレクションとしてのアウトドア・サインと位置付けています。ブランディングやランドスケープなど多様な視点から、関係者と共に意見交換を重ねたコラボレーションデザインです。

場所:神奈川県横浜市
構造:木造
コンセプトデザイン:古川都市建築計画
製作:中山建設
ロゴデザイン:塚本浩史
ロゴ加工:塩原直子

IMG_4432

IMG_4405

IMG_4414

IMG_4421

IMG_4427

IMG_4424

IMG_4435

ホウ酸防蟻工事・セルローズ断熱材と換気工事など下地工事の現場監理

2017年07月29日

IMG_4495
中山建設 棟梁加藤さんとのおさまり打合せ。
撮影:中山周平さん

 
ホウ酸防蟻工事・セルローズ断熱材と
換気工事など下地工事の現場監理

新築住宅計画「ぐるっと回れる家」が上棟し、現場監理
で伺いました。

中山建設 中山さんの舵取りで、打合せが進行。
日本ボレイト株式会社さん施工のホウ酸防蟻工事は
作業中で、真近の目視確認となりました。
株式会社マツナガさんセルローズ断熱材と換気工事の
打合せは、目前に控えた工程の事前打合せです。
両者とも、家づくりにおける下地工事です。
建物が完成してしまうと、仕上げに隠れ見えなくなって
しまう部分の工事ですが、だからこそ、目指す所を
曖昧に出来ません。
明確な方針を共有する打合せが出来ました。

特に、棟梁加藤さんとのおさまり確認は、
比較的タイトな工期を考慮した待ったなしの意見交換
でしたが、段取りよく準備頂き、不安なく下地工事の
打合せが出来ました。ありがとうございました。

IMG_4487
同時進行で黙々と正確に作業を続ける、新人大工の杉山さん
による気密テープ施工も、しっかり確認させて頂きました。

IMG_4476
日本ボレイト株式会社さん施工のホウ酸防蟻工事。

IMG_4491
株式会社マツナガさんセルローズ断熱材と換気工事の
事前打合せ。

 
※合わせてご覧下さい
「ぐるっと回れる家」基本設計の様子。
「ぐるっと回れる家」実施設計の様子。
「ぐるっと回れる家」ご家族との打合せの様子。
「ぐるっと回れる家」阪神淡路大震災と熊本地震の揺れ構造検討
「ぐるっと回れる家」着工の様子。
「ぐるっと回れる家」BELS評価5つ星取得 ZEH住宅
「ぐるっと回れる家」ZEH住宅補助金の取得
「ぐるっと回れる家」上棟式の『お餅まき』の様子。
「ぐるっと回れる家」ホウ酸防蟻工事の現場監理
「ぐるっと回れる家」セルローズ断熱材と換気工事の事前打合せ

 

横浜市都筑区で上棟式の『お餅まき』 @ぐるっと回れる家

2017年07月12日

20170712上棟式_11
大盛況上棟式の『お餅まき』。おめでとうございます!

 

横浜市都筑区で上棟式の『お餅まき』

『お餅まき』とは、災いを払うための神事が広まったもので、
着工した建物の上棟時に行う上棟式と合わせて行い、建て主が
建設中の建物の上から紅白のお餅をまく風習です。
地域により赤い紐を通した5円玉や50円玉をまくこともある
ことから、建物を建てることのお祝いとして、
また喜びのおすそわけとして、地域との繋がりを大切にする
文化といえます。
建売り住宅の増加や、地域との繋がりが薄まる社会的変化など
から、昨今は行うケースもより減少していると思われます。

新築二世帯住宅計画「ぐるっと回れる家」では、
故郷の鹿児島で子供のころから行われていたお餅まきを、
ぜひ横浜での今回の家づくりで行いたいという、施主ご家族の
思いから開催となりました。

上棟式で職人の皆さまに振るまう食事の準備に加え、
お餅まきでまく、紅白のお餅の手配、お菓子や赤い紐を通した
5円玉・50円玉の準備など、当日に向け時間をかけ、
ご家族は準備をされてきました。その一つ一つに家づくりへの
期待と思いが込められ、3人のお子様たちと一緒に、その
意味するところを語りながら、この日を迎えられています。

一方、施工をまとめる中山建設さん皆さまのサポートが
なくては、実現出来ないイベントでもあります。
お餅まきが滞りなく出来るよう、数日早めに上棟し万全をきす
事前準備。お餅まきイベントご案内ちらし作りや、
近隣への配布・事前説明の徹底。参加者に危険がないよう
関係する建物や道路での安全対策。
また、何より参加された皆さまとのコミュニケーション
一つ一つに、気を緩めることの出来ないチームワークと心配り
が感じられました。一番は敷地のきわに仮設でたてた案内黒板。
イベントの進行や実行担当者の紹介など、ホットな情報を
手書きで伝える心温まる工夫でした。

近隣からお餅まき参加者が徐々に集まるなか、先に建物内で
施主お身内・施工・設計の3者による、上棟式が行われました。
建物の4隅を米とお酒で清める儀式。
関係者による工事にかかわる気持ちや意気込みを感じる挨拶。
私も設計者として、これまでの歩みや期待をお話しました。
特に、施主ご主人のお話は、家族を守る気持ちと家づくりへの
思いが伝わる感動がありました。

いよいよ開催、お餅まきのスタート!
地域の皆さまが、想像以上に大勢集まり驚きました。
施主ご主人とご長男が華やかにまき、大工さん達もサポート。
ときにパラパラと、ときにブワッと大盤振る舞い!笑
歓声があがり、お祝いの高揚感があふれていました。

実は気が付いたことがあります。
お餅まきの様子をずっと観ていたのですが、小さなお子様も
大人の皆さまも、想像以上に振る舞いが上品で、競い合って
いるにもかかわらず、互いに気を配りながら、声を掛け合い
ながらの参加である様子に驚いたのです。
考えてみると、互いに良く知る間柄だけでなく、知らないもの
通しが集まっている状況。街のどこかで出会うかもしれない
同じ地域の皆さまです。
お餅まきそのものよりも、まさに、この互いの気配りや交流に
地域の在り方としての、大切なヒントがあるのではないかと
感じたのです。

大変貴重な体験でした。
施主ご家族皆さま、中山建設の皆さま、お集まり頂きました
皆さまありがとうございました。

 

20170705タウンニュース
都筑区タウンニュース新聞でのイベント紹介。

20170712上棟式_3
上棟式の前に、施主ご主人・中山建設中山さん・古川で
現場打合せ。照明機器やスイッチ・コンセントなどの配置に
ついて、全体をめぐりながら調整出来ました。

20170712上棟式_4
20170712上棟式_12
20170712上棟式_6
施主お身内・施工・設計の3者による上棟式が行われました。
建物の4隅を米とお酒で清めます。

20170712上棟式_9
20170712上棟式_8
徐々に集まって参りました地域の皆さま。想像していたより
大勢お集まり頂き驚きました。
中山建設中山さんのアイディアで、敷地のきわに仮設でたてた
案内黒板。イベントの進行や実行担当者の紹介など、
手書きで伝える心温まる工夫でした。

20170712上棟式_7
20170712上棟式_1
20170712上棟式_5
建物内では、上棟飾りが片流れ屋根の一番高い位置に設置。
安全にお餅まきが出来るよう、大工さんの工夫で、素敵な
仮設階段も設置され準備万端です。ご家族全員で準備された
大量の紅白のお餅、お菓子や赤い紐を通した5円玉・50円玉。
すぐ横には既に搬入された、YKKap 高性能高断熱樹脂窓
apw330が取付を待ちかまえています^^

20170712上棟式_10
いよいよ開催、お餅まきのスタート!
施主ご主人とご長男が華やかにまき、大工さん達もサポート。
歓声があがり、お祝いの高揚感があふれました。

20170712上棟式_2
施主ご家族、中山建設の皆さまと記念撮影。素敵な時間、
ありがとうございました。無事の工事を願います。
撮影:株式会社高木 佐藤さん

 
※合わせてご覧下さい
「ぐるっと回れる家」基本設計の様子。
「ぐるっと回れる家」実施設計の様子。
「ぐるっと回れる家」ご家族との打合せの様子。
「ぐるっと回れる家」阪神淡路大震災と熊本地震の揺れ構造検討
「ぐるっと回れる家」着工の様子。
「ぐるっと回れる家」BELS評価5つ星取得 ZEH住宅
「ぐるっと回れる家」ZEH住宅補助金の取得

 

『根岸小学校 理科室』 竣工スナップ写真

2017年06月24日

 

『根岸小学校 理科室』

<概要>
横浜市建築局施設整備課による、横浜市立小学校校舎内の理科室計画です。低学年から高学年までの子供たちが、楽しく安全に学べる施設として設計。作業机、教壇、スライド型上下黒板、実験器具収納戸棚などの造作は、横浜市の詳細な標準仕様に学びながら、おかれた環境を活かした施設づくりが求められました。本件は特に子供たちの創造性や安全性など、校長先生の子供たちへの思いが投影できるよう、学校関係者、施設整備関係者との事前意見交換や合同調査を重視。あえて無駄なくスタンダードであること、必要な設備や空間を、建物構造や工事費用等の過剰な負担がない範囲で実現することを、丁寧に追求した施設です。

場所:神奈川県横浜市   
用途:市立小学校の理科室(学校教育施設)
構造:RC造2階建て
   1階部分の改修(2階は低学年普通教室)
敷地面積:7877㎡(2382坪)
居室面積:理科室96㎡(29坪)、理科準備室32㎡(9坪)
建築設計:横浜市建築局施設整備課
     ken-ken有限会社
     古川都市建築計画
設備設計:アーバンクルー
積算:オガコストプランニング
施工:株式会社大勝
写真:古川達也
 

20170414_01
クスノキ(愛称:くす太郎)の大木があるグランドに面する、校舎の1階部分が理科室計画場所。裏側に車寄せスペースがないため、グランドや正門付近の一部を工事車両置場として計画。工事の進め方や搬入動線の共有化など、仮設計画案の作成も設計における重要課題でした。
 

20170414_03_2
20170414_03_1
廊下との間を可動壁とした旧多目的室を、理科室にリノベーションする計画。環境負荷の軽減と合わせたコスト縮減など活用出来る設備や不要になるものを判断する合同調査の成果を、設計内容に細かく反映しています。既存の床下地がコンクリート直のため各種配管が不可能。給排水管ルートを確保出来る窓際に水場としてのシンクを並べています。各作業机の電源は、配線ダクトを用いた天井からのリーラーコンセントを採用。活用を通して子供たちの記憶に残る、理科室ならではの風情となりました。
 

20170414_02_2
20170414_02
実験器具等をおく収納戸棚などの造作は、横浜市の指導に基づき、横浜市立小・中学校標準図の仕様に準拠した過不足ない計画としています。(ステンレス製シンクは、同チームで設計の「放課後キッズクラブ」で再利用
 

20170414_04
内装仕上げ概要
床:仕上 耐薬品性長尺塩ビシート貼り厚2mm
  下地 コンクリート金ゴテ仕上げ既存のまま(一部補修)
壁:仕上 EP-G※塗替え
  下地 コンクリート打放し又は合板目透し貼り厚5.5mm
天井:仕上 有効石膏ボード厚9mm既存のまま(一部補修)
廊下間仕切:強化ガラス欄間厚4mm、スチール焼付塗装フレーム
収納戸棚:本体ポリエステル化粧合板、框戸ポリカーボネート板
     ガラス棚厚5mm、カウンター天板メラミン化粧板 他
※EP-G:つや有合成樹脂 エマルションペイント塗装

20170414_05
スライド型上下黒板や教壇なども細かく設定された仕様。特に教壇は高さやエッジの安全処理など、積み上げられた仕様に準拠しており、決して適当で曖昧としないディテールである事が理解できます。
 

20170624_04
廊下側との間仕切りは収納棚と出入口建具を配置。鋼製のフレームに合板を使ったシンプルな造作は、他教室との整合性や将来の用途変更を視野に入れた仕様です。横浜市の標準仕様を組み合わせ現地の状況に合わせた設計です。
 

20170624_01
20170624_02
20170624_03
通気をコントロール出来る建具や屋内から出し入れできるショーケース仕様が特徴です。展示サイズや展示方法を変えられるよう自由度を確保した壁面。単に空間を仕切る壁であるだけでなく、子供たちの創造力や学ぶきっかけを生む、展示コーナーとして位置付けられています。

 

『根岸小学校 放課後キッズクラブ』 竣工スナップ写真

2017年06月24日

 

『根岸小学校 放課後キッズクラブ』

<概要>
横浜市こども青少年局と建築局施設整備課による、小学校校舎内の児童福祉施設(教育施設内の福祉施設)。平成31年度までに横浜市全ての小学校(341校)で開設を目指している「放課後キッズクラブ」事業です。放課後の遊び場であり生活の場であることをテーマとし、1年生から6年生までの子供たちが、楽しく安全に過ごせる施設として設計。横浜市の詳細な標準仕様に学びながら、学校ごとの個別事情や環境を活かした施設づくりが求められました。本件は既存の理科室からキッズクラブへのリノベーション。校長先生、キッズクラブ運営スタッフ、横浜市ご担当皆さまとの事前意見交換や合同調査を実施。地域で子供たちを見守り育てる視点、活用出来る建築や設備を余すことなく活かしつつ新しい機能を盛込む取組み。関係機関の枠を超え知恵を出し合い、公共空間を無駄なく有意義なかたちで実現する一つのモデルとして位置付けられるプロジェクトです。

場所:神奈川県横浜市   
用途:放課後キッズクラブ(児童福祉施設)
   理科室からキッズクラブ教室へ改修
構造:鉄骨造+RC造2階建て
   1階部分の改修(2階は体育館)
敷地面積:7877㎡(2382坪)
居室面積:126㎡(38坪)
建築設計:横浜市建築局施設整備課
     ken-ken有限会社
     古川都市建築計画
設備設計:アーバンクルー
積算:オガコストプランニング
施工:株式会社大勝
写真:古川達也
 

20170414_06_2
内装仕上げ概要
床:仕上 発泡系下地シート厚3mmの上ビニル床シート貼り厚2.8mm
  下地 合板厚12mm乾式二重床システム既存のまま(一部補修)
壁:仕上 シナ合板の上EP-G※既存のまま(一部補修)
  下地 LGS厚65グラスウール敷込の上石膏ボード厚12.5+12.5mm
天井:仕上 有効石膏ボード厚9mm既存のまま(一部補修)
収納棚:本体棚板ともシナ合板面材・国産杉芯材厚25mmの上UC
※EP-G:つや有合成樹脂 エマルションペイント塗装
※UC:ウレタンクリア塗装
※床の置型カラー・マットは計画で想定し運営により配置

20170414_08
20170414_06
既存理科室の実験器具洗い場や、旧型の授業用モニターなど不必要となる部分を撤去。新設のランドセル棚やクツ箱など
の収納棚は、過不足ないよう横浜市の指導に基づき、横浜市立小・中学校標準図の仕様に準拠し配置しています。
理科室は、同じ校舎内に移動新設
 

20170414_16
20170414_14
20170414_15
理科実験道具などの教材収納棚を温存。授業で活用されたスライド式のホワイトボードは、子供たちの創作作品やイベントに合わせた飾り付けが出来る壁面として、そのまま再利用しています。居住性を高めるエアコンの設置は、将来の用途変更など柔軟に対応出来るよう、脱着し易い場所、建物構造に最も負担を掛けない場所など関係者による入念な調査の積み上げから決定しています。
 

20170414_07
20170414_09
20170414_10
横浜市こども青少年局の要領標準に、手洗いシンク設置は無い。本件運営スタッフの希望から、手洗いシンクを設置。校内で不要となったシンクの再利用品を採用、運営上の合理的配置など、関係者間の柔軟な意見交換から実現しています。
 

20170414_17_2
20170414_13
20170414_12
20170414_17_1
既存理科室の準備室を、事務スペースに改修。木製の間仕切りを温存しフル活用することで、視界を妨げず合理的な管理運営が出来る空間です。スタッフロッカー棚や書類棚など旧施設で使っていた備品をそのまま移設。コスト縮減や運営上の混乱がないメリットを活かしています。好例としてご評価頂き、他校で予定している施設整備の関係者による見学会が行われているとのこと。
 

20170604_01
20170604_03
20170604_04
横浜市は「旧はまっ子ふれあいスクール」から「放課後キッズクラブ」への転換を順次進めています。以前との大きな違いは、子供たちの滞在可能時間延長で、食事提供が出来ること。標準的なミニキッチン設置が決められています。
 

20170414_20_2
20170414_20_1
小学校敷地内、子供たちや迎えの親御さんの放課後アプローチ動線として外構を整備。放課後の学校開放にともなう夜間照明や防犯セキュリティ計画など、ハード面、運営面、様々な角度から協議を重ね、より良いかたちを実現しています。
 

20170624_05
20170414_18
20170604_02_1
20170414_19
本施設は1階。2階体育館利用との動線、他施設との連携した活用を想定。長い目でみた自由度や融通性、多目的性が確保された施設となりました。

 

ZEH住宅の実現と補助金の取得

2017年06月10日

 

ZEH住宅の実現と補助金の取得

ZEH/ゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、
住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅
な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によって
エネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)の
エネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。
経済産業省ホームページより

現在のところ、平成25年に国が定めた建物建設における
省エネ基準に対し、消費エネルギーを20%以上削減すること
や、再生可能エネルギー(太陽光発電パネルの設置)を導入
することを必須とするなど、主たる4つの項目を満たす
ことでZEH住宅となります。
また、住まいをZEH仕様とすることで、経済産業省が扱う
ZEH住宅に交付される補助金制度を活用し、
補助金を取得することが出来ます。

住まいの省エネ性能をはかる物差しとして注目され、
2016年よりスタートした第三者機関による認証ラベル
「BELS/ベルス」。まずこのBELS評価書取得により
建物をZEH仕様であることを証明した上で、経済産業省の
窓口となります「一般社団法人Sii環境共創イニシアチブ」
の補助金公募要綱に従い、申請書を作成・提出。
「補助金交付決定通知書」の受領によって、補助金を受領
することが出来ます。

今回、弊所設計の新築一戸建て住宅「ぐるっと回れる家
にて、BELS取得、ZEH住宅、ZEH住宅補助金取得を
実現しました。
各必要書類の確認・必要作業フローの理解など多岐に渡り
ますが、補助金申請に留まらず、家づくりに対する
意識改革にも繋がる良い機会。今後も、より環境への
眼差しをもって設計活動に取り組む所存です。 古川達也

家づくりにおける「BELS取得」「ZEH住宅」実現に
ご関心のある皆さま、どうぞ気軽にお問合せ下さい。
古川都市建築計画一級建築士事務所
お問合せフォーム

BELS5ZEH03
BELS5ZEH04
経済産業省が扱うZEH住宅に交付される補助金取得の
募集要項(上)、受領出来た補助金交付決定通知書(下)。
最終的に補助金を取得するためには、工事の進行に合わせた
記録写真等の報告書を提出することや、補助対象事業完了日
(本件は平成29年11月24日)までに必ず工事が完了
している必要があるなど、工事の遅延が許されず、細かな
手続きも続きます。施主ご家族や、工事関係者皆様
の理解や協力があって、はじめて達成できる高い目標である
ことが分かります。

BELS5ZEH02
株式会社栄住産業 安藤さん来所。弊所設計の新築一戸建て
住宅「ぐるっと回れる家」太陽光発電パネルと、
専用の屋根材計画(バインダールーフ)を担当頂いてます。
本件の太陽光パネルは、旧宅に設置されていたパネルを
再利用。新たな住まいで採用するための、性能・機能チェック
・建設までの保管、新規屋根材との相性や設置の工夫など、
多岐にわたる検討を重ねて頂きました。
また、上記BELS評価書取得から、必要書類の確認・
補助金申請・今後必要な作業のご指導など、
多くの場面でご支援頂きました。ありがとうございます。

 

1 / 1812345...10...最後 »