カテゴリー:お知らせ, イベント・メディア, 日常 2018年08月2日


 

週末相談会(無料)のお知らせ

定期的に行っている建築家31会(ケンチクカサンイチカイ)
家づくり週末相談会(無料)のお知らせです。
ご利用頂き易い週末8月4日(土)13時から17時まで
古川都市建築計画一級建築士事務所にて、わたくし古川
も担当します。特に横浜方面お近くの地域の皆さま、
住宅にアトリエやクリニック、ガレージや趣味室等
を併設したい複合的な居住空間をお考えの皆さま、
様々な実例と共に、魅力やコツをお話します。
是非気軽にお出掛け頂き、ご相談下さいね。
古川達也

◆企画の概要
東京・神奈川・埼玉の各地域に事務所を構える建築家が、
各々自身の事務所内で待機し、皆さまの住まいの新築や
リフォーム・リノベーション、賃貸住宅や医院・クリニック
の新築など、住まいや建築にまつわる様々な相談に直接
お答えする、とてもお得な企画です。
詳わしくは、建築家31会ホームページでご予約頂くか
又は、古川都市建築計画までお問合せ下さい。

 

【解説記事リンク】

傾斜地崖地に建つ住宅の長所を引き出す建築家のアイデア設計
旗竿地でも豊かな間取りになった建築家のアイデア設計
狭小地でも日当たり風通しが良く広さを感じる注文住宅の設計アイデア
住宅やマンションをリフォームリノベーションして長く快適に住む
床の段差を無くしたバリヤフリー平屋建ての家
3階建てだから出来た注文住宅の間取り設計図のデザイン
二世帯住宅の上下左右前後分離の間取り設計図の工夫
家と使い方寸法高さが異なる店舗医院賃貸アパート併用住宅の設計図
キッチン厨房勘定受付カウンターや商品陳列棚照明のショップインテリアデザイン店舗設計
海が見えて山が眺望出来る家住宅と移住予定の別荘
周囲の賃貸物件と差別化するアパートマンション集合住宅
玄関に広い土間を設けて便利に利用する家の使い方
壁で部屋を区切らずに段差で仕切るスキップフロアの間取りプラン住宅
住宅の内部とつながる外部空間中庭テラスバルコニーの設計
注文住宅リビングダイニングキッチンLDKの間取り平面設計図
陽当たりや風通しの良い注文住宅の間取りプランの設計図
工夫とアイデアが詰まった住宅キッチンのオリジナル設計デザイン
風呂洗面洗濯水廻り室の間取りプランを工夫した設計図
使い方で素材寸法形が決まる住まいの内装特注造作階段手摺扉戸収納洗面台作業机
犬猫ペットと健康に暮らす家づくりの設計図
趣味を楽しむ家ホームデザイン設計
既存住宅の古材を再利用して新築内装に活かす注文住宅設計デザイン工事
13坪狭小敷地に超過容積率分を吹抜けにして明るく風通しの良い開放的な木造3階建住宅設計
敷地周辺道路を自宅庭に取り込みLDKと庭を一体的な間取り空間構成開放的な注文住宅
鉄筋コンクリートRC造マンションリフォームで家事動線廊下に収納洗濯水廻り室の設計図

 

タグ:, , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー:ワークス /最近の仕事, 和定食屋さんの家, 現場, 設計 2018年08月1日


縮尺1/50イメージ模型。来訪者にとって正面となる北東側
外観です。雪国である新潟県上越市の地域性として、
商店が並ぶ街並みでみられる雪よけの屋根「雁木(がんぎ)」
をモチーフとした構成です。

 

家具・建具や人を入れたイメージ模型
@店舗併用住宅「和定食屋さんの家」

古川都市建築計画では設計時、図面と同時進行で模型を
作ります。プロジェクトの性格に合わせて、大きさや
表現密度なども変えつつ製作。形態や空間の特徴など
関係者皆で共有することが、模型の主な利活用です。

従って、屋根・壁などの主要な骨格だけを早めに作って
おき打合せで活用。計画の進行に合わせ、仕上げや
ディテールを後から足し引きします。
実は、工事が着工してからも打合せの深度に合わせ、
その都度模型に手を加えることも、非常に多いです。

つまり、設計が全て終わり、確認のために実施設計の
成果品として模型をつくるのではなく、むしろ案が
定まっていない状況下で、各部の方針を一つ一つ決めて
いく、検討用の道具として模型を位置付けています。

本件縮尺1/50イメージ模型も、関わる方々のアイディア
やアドバイス等に合わせ、風合いや素材感、家具や建具、
佇む人の風情なども、着工後に手を加えています。
建物が竣工するまで、少しずつ進化する模型として、
プロジェクトの進行に役立てています。
 

※合わせてご覧下さい。
着工後、工事関係者と模型を使った意見交換の様子
地鎮祭と工事契約の様子
 


北側外観。1Fは店舗で2Fが住宅です。雪国である新潟県
上越市の街並みでみられる雪よけの屋根「雁木(がんぎ)」
が店舗の入り口となり、待合いとしてベンチも配置。
雁木は、雪かきを軽減する快適なバリアフリー動線として、
車椅子にも対応するスロープを備えています。


北西側外観。西側1Fの庇下に、住居出入り口と店舗厨房
の勝手口を配置しています。


雁木の店舗入り口から入ると正面に薪ストーブが見えます。


オープンスタイルの厨房。客室は20席で、施主ご夫妻が
全体を丁寧にケアできるワンルーム。
手前のリラックスしたスペースと、奥の落ち着いたスペース
が緩やかに繋がる構成です。


開口部に、あえて格子を設けることで、落ち着いた雰囲気
のスペースを生み出します。


客室全体の構成。客席は椅子テーブルの移動で、様々な
人数構成に対応。レジの上は神棚を設置。


厨房からみた客室。お客様の出入りを把握出来るよう、
店舗出入り口が見通せる工夫をしています。


客室と厨房の境は、食の提供や飾り棚など、和定食屋さん
としての利活用や風情など模索中。まだまだ進化の予定。



2F店主ご夫妻の住居、リビングダイニングと畳室。
掘りコタツのある畳室は、リビングと建具で仕切ること
が可能。公私で活用するフレキシブルスペースとして
位置付けています。

 

模型に屋内家具・建具や人を入れる検討

本件は工事が着工してから、具体的な仕上げや造作などが
決まってきていることもあり、施工担当者の皆さまとの
打合せ日程に合わせて、皆で確認したい造作家具などを
付け足しています。
やはり、家具・建具や人などを入れると、各部のスケール
感や空間の目差すところが、とても分かり易くなります。




1F和定食屋さんに、造作家具等を入れる前と後の状況。




2Fリビングダイニングと畳室に、造作家具等を入れる
前と後の状況。



リビングと畳室の関係も、家具・建具・人などを入れる
ことで、風情や課題が関係者間で共有し易くなります。

 

<「和定食屋さんの家」概要>

和定食のお店を独立開業するご夫妻の住まいです。1階が店舗スペース、2階がご夫妻の住まう居住スペース。来客が多いライフスタイルから、店舗だけでなく住空間においても、来客を楽しくお迎え出来るよう工夫しています。外観は雪国である上越市の地域性として、商店が並ぶ街並みでみられる、雪よけの屋根「雁木(がんぎ)」をモチーフとした構成が特徴です。

場所:新潟県上越市
用途:店舗併用住宅(1F店舗、2F住宅)
構造:木造2階建て(ロフト有り)
敷地面積:381㎡(115坪)
建築面積: 96㎡(29坪)
延床面積:157㎡(48坪)

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー:ワークス /最近の仕事, 和定食屋さんの家, 現場 2018年07月26日


工務店さんオフィス内。模型を使い、目指すところを
確認しながら進行。途中から、施主奥さま自ら模型を
回転させ、空間の特徴を解説する場面もあるなど、
和やかな打合せとなりました。

 

施主・設計と各工事担当者の初打合せ
@店舗併用住宅「和定食屋さんの家」

無事着工し現場では基礎コンクリート工事が進行する中、
施主・施工・設計三者定例(月一回)の、初回打合せ
が行われました。

現場監督担当の小林さんにコーディネート頂き、
工務店オフィス内で、順番に各種工事担当の皆さまと
顔合わせを兼ねた初回打合せを行うという段取りです。
給排水衛生設備 みつわ住設株式会社 小杉さん → 電気
設備 株式会社矢野電機工業所 荻井さん → 屋外サッシ
株式会社保坂屋 村松さんと概ね一時間おきにお会いし
ました。特に設備配管に関する内容は、既に進行中の
現場基礎コンクリート工事に関係する部分もあるので、
関係者相互の内容理解が大切です。

設計意図や内容を情報共有、工事ご担当からの現場調整
や変更のご提案など、意見交換をする大事な初回。
設計時に作製したイメージ模型をフル活用しました。
「こういう事だったのね、、」
「この部分が邪魔になることが課題ですね、、」等々。
模型は、全てを詳細に表現したものではありませんが、
概ねを理解するには充分。誰もが口を出せる状況を
生み出し易いアイテムと言えます。
図面で分かりにくい部分も、模型を囲み、皆で見て触れて
意見交換することで、様々な気付きや発見に繋がりました。

途中から、模型を見易いように回転させたり、携帯照明
をあて、暗い部分を照らしたり、設計者である私が行う
はずのサポートを、施主ご夫妻自ら行う場面もあり、
和やかに進行。とても良い打合せが出来ました。
 




模型、図面、建材サンプル、カタログを行き来しながら
情報共有の確度を上げていく打合せです。



模型を至近距離でのぞくと、とても臨場感があります。
写真は1階店舗部分の様子。入り口正面に薪ストーブが
見える構成です。

 

現場では、基礎コンクリート工事の配筋作業が進行中。
設計者の立場(現場監理)で検査をさせて頂きました。
1階が店舗のため、コンクリート土間を居室床仕上げ
高さまで上げることや、基礎の外側に断熱処理をするなど、
少し特殊な方針を採用しています。
厨房となる場所だけは、配管のためコンクリート土間を
下げる繊細な調整も、きちんと施工頂いていることを
確認しました。関係の皆さまありがとうございました。



 

※合わせてご覧下さい。
地鎮祭と工事契約の様子

 

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー:お知らせ, イベント・メディア 2018年07月24日


横浜高島屋8階インテリアフェスティバル同時開催、
インテリアライフスタイルフェア会場内で、
展示&相談会を開催。

 

ご来場ありがとうございました。

横浜高島屋8階インテリアフェスティバル同時開催、
インテリアライフスタイルフェア会場内で6日間
(7月18~23日)開催されました、
横浜元町AA STUDIO建築家による、
建築・リフォーム相談会 @横浜高島屋 vol.8
TAKASHIMAYAインテリアステーション・ハウスHOW’S、
髙島屋スペースクリエイツ株式会社、
横浜元町AA STUDIOメンバー建築家による、
コラボレーション・イベントとして、今回で第8回目の
開催でした。お立ち寄り頂きました皆さま、
ご来場ありがとうございました。

開催中のご相談で、時間が無く聞き足りなかった皆さま、
ご都合があり残念ながらご来場出来なかった皆さま、
横浜元町AAスタジオでは、土・日曜が
相談日となりますので、いつでもスタジオへお越し下さい。

横浜高島屋 建築・リフォーム相談会
次回も是非お楽しみに!

 


横浜高島屋エントランスのインフォメーション。
インテリアフェスティバルとインテリアライフスタイル
フェアのご案内



参加建築家全員の設計実例ハガキ。お好きなハガキを
お持ち帰り頂くことが出来ました。



展示の様子。古川都市建築計画一級建築士事務所は
逗子の個人住宅「山見の家」写真と模型を展示。


相談コーナー。開催初日に相談担当していた際、
通り掛かったお客様から「元町で活動されているAA
スタジオ建築家の皆さんですね!」と、
お声掛け頂きました。相談出来る建築家と出会う機会で
あることを、さらに知って頂けるよう、メンバー一同
今後も頑張って参ります。

 

以前の開催参考
『建築家による建築・リフォーム相談会&建築模型・パネル展 vol.7』開催の様子
『建築家による建築・リフォーム相談会&建築模型・パネル展 vol.6』開催の様子
『建築家による建築・リフォーム相談会&建築模型・パネル展 vol.5』開催の様子
『建築家による建築・リフォーム相談会&建築模型・パネル展 vol.4』開催の様子

 

タグ:, , , , , , , , , , ,

カテゴリー:お知らせ, イベント・メディア 2018年07月17日


会場づくりの様子。参加メンバーで協力しながら設営。

 

『建築家による建築・リフォーム相談会
&建築模型・パネル展 vol.8』@横浜高島屋

◆日時:7月18日(水)から23日(月)
    午前10時~午後6時
◆場所:横浜高島屋8階 催会場(予約不要・入場無料)
    インテリアライフスタイルフェア会場内
◆内容:家づくり無料相談会、模型・パネル展示

ライフスタイルに合わせた夢のマイホームづくりを手がける
AAスタジオの建築家が、新築やリフォームのご相談を
承ります。建築やインテリアの模型や実例写真パネルを
多数展示して、皆様のお越しをお待ちしております。

例えば、住まいのリフォームをしてみたいが、何から
はじめたら良いか分からない。やってみたいことは
あるが、どこに相談したら良いか分からないなど、
ざっくりとしたお悩み相談も、気軽に出来る機会です。
是非お立ち寄り下さい。

古川達也の相談担当日について
弊所の古川達也は、初日7月18日(水)14時~18時まで
相談担当。皆さまのお悩みにお応えします。

例えば・・・
・暗いリビング、明るくしたい
・自分だけの書斎空間をもちたい
・雨漏りする屋根を修理したい
・高い光熱費、できるだけ抑えたい
・重い玄関扉、なんとかしたい
・毎回つまづく段差をなくしたい
・趣味のためのスペースが欲しい
・もっとコンパクトに暮らしたい
・開放的で広いリビングにかえたい
・結露しない壁。ガラス窓にしたい
・収納が足りない、もっと増やしたい
・寒くて暑い寝室、快適にしたい
・地震で倒壊しないように補強したい
・予算にあったリフォームを考えたい
・使いづらいキッチン、使いやすくしたい
・使っていないバルコニーを有効活用したい 等々


横浜高島屋の館内ご案内ポスター。本イベントの場所は、
8階で行われているインテリアフェスティバルと同時開催、
インテリアライフスタイルフェア会場内です。


模型や写真パネルを多数展示。皆さまの参考になると
幸いです。



参加建築家全員の設計実例ハガキ。お好きなハガキを
お持ち帰り頂けます。

以前の開催参考
『建築家による建築・リフォーム相談会&建築模型・パネル展 vol.7』開催の様子
『建築家による建築・リフォーム相談会&建築模型・パネル展 vol.6』開催の様子
『建築家による建築・リフォーム相談会&建築模型・パネル展 vol.5』開催の様子
『建築家による建築・リフォーム相談会&建築模型・パネル展 vol.4』開催の様子

 

タグ:, , , , ,

カテゴリー:お知らせ, イベント・メディア 2018年07月16日


「匠大塚」東京日本橋ショールーム受付前の様子。

 

ご来場ありがとうございました。

「匠大塚」東京日本橋ショールーム内で、一週間(7月11
~16日)開催されました、AAスタジオ建築家メンバー
による、リフォーム相談会が無事終了。
ご来場ありがとうございました。

開催中の立ち寄りで、時間が無く聞き足りなかった皆さま、
ご都合があり残念ながらご来場出来なかった皆さま、
AAスタジオでは、毎週土・日曜が相談日となりますので、
いつでも横浜元町のスタジオへお越し下さい。

 


ショールーム内の様子。




ショールーム内、ずらりと並ぶ家具たちと一緒に展示。
展示の一角に、相談コーナーが設けられました。


本イベントは、日本橋高島屋インテリアフェスティバル
出展として、「匠大塚」日本橋ショールーム内で、
リフォームのご相談を賜わる企画。
TAKASHIMAYAインテリアステーション・ハウスHOW’S、
髙島屋スペースクリエイツ株式会社、
「匠大塚」東京日本橋ショールーム、
AA STUDIO建築家メンバーによる、
4者の協力によるコラボレーション・イベント。
今回初となる試み。第1回目の開催でした。

 

タグ:, , , , , , , ,

カテゴリー:お知らせ, イベント・メディア 2018年07月11日


匠大塚日本橋ショールーム入口。東京日本橋タワー25階
です。7階で受付けし、スタッフにご案内頂きます。

 

建築家によるリフォーム相談会
7月11日から16日まで開催!
@匠大塚 東京日本橋ショールーム内

取扱い商品数約18,000点の中から厳選した商品で、
上質なインテリア空間を提案している「匠大塚」。
東京日本橋ショールーム内で、建築家による
リフォーム相談会(新築含む)が開催されます。
予約不要、リフォーム・リノベーションを中心に
どなたでも建築・インテリア・暮らしのお悩みなど
会場内期間中無料で相談出来る企画です。
ゆったりした空間で、素敵な家具の体験を兼ね、
是非気軽にお出掛け下さい。

日時:7月11日(水)~16日(月・祝日)
   10時30分~19時
場所:地下鉄日本橋駅すぐ、東京駅八重洲口から徒歩8分
   東京日本橋タワー25階(7階で受付け)
   匠大塚 東京日本橋ショールーム内
内容:横浜元町AAスタジオ建築家による
   建築・リフォーム相談会(入場無料)
   本企画は、日本橋高島屋インテリアフェスティバル
   出展として、匠大塚日本橋ショールーム内で、
   ご相談を賜わる企画となります。
詳細:古川都市建築計画までお問合せ下さい。
  (期間外や今後の開催含む)
 

古川達也の相談担当日について
弊所の古川達也は7月14日(土)13時~18時まで
相談担当します。
実例として個人住宅『山見の家』模型や
写真パネルも展示していますので、住まいづくり
の参考にご覧頂けます。

『山見の家』概要
1階は広い玄関土間と寝室。2階はリビングダイニング。
屋内全体は、建具や動かせる家具で、様々な居心地を
生み出すことが出来る、とても大らかな住空間です。
場所:神奈川県逗子市
延床面積:117㎡
ホームページ暮らしの様子紹介。
建築専門誌「新建築住宅特集」で紹介されました。
TV番組「渡辺篤史の建もの探訪」で紹介されました。

 


東京駅八重洲口から徒歩8分、東京日本橋タワー25階が
会場です。



ゆったりした会場です。相談担当者は名札を付けて
いますので、気軽にお声掛け頂けます。



会場づくりの様子。関係者皆で行っています。本企画
参加建築家は横浜元町AAスタジオ建築家メンバーです。
期間中、交代で皆さまの相談にお応えして参ります。

 

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー:日常, 街歩きブログ 2018年06月30日

梅雨明けのこの季節。
いつもウォーキングで訪れる根岸森林公園の芝が
特に美しく見えます。

それはなぜか?

芝そのものも青々として綺麗なのですが、
芝に混じる、クローバーの白い花が
一面に咲き広がることで光を拡散させ、
全体が薄緑色に輝いて見えるからです。

天候によっては、なだらかな高低差のある地形が、
そのまま柔らかな乳白のレースをまとって
いるように見える時もあります。

毎年楽しみにしている風情です。

 

タグ:, , , , , , , ,

カテゴリー:ワークス /最近の仕事, 和定食屋さんの家, 現場 2018年06月27日


地鎮祭の様子。施主、施主ご親族、施工、設計、
関係者みなで立会い、執り行うことが出来ました。

 

地鎮祭と工事契約
@店舗併用住宅「和定食屋さんの家」

大安吉日のこの日、新潟県上越市の店舗併用住宅
「和定食屋さんの家」建設地にて、土地の神を祭り、
無事の工事を祈る「地鎮祭」が行われました。

施主、施主ご親族、施工、設計、関係者みなで集まる
ことが出来ましたので、敷地境界や内外環境の再確認、
雪降る町ならではの敷地内融雪の方針など、
ざっくばらんに意見交換。大変良い機会でもあります。


祭事の終盤、土地の四隅をまわりお酒で清めたあと、
皆で少々のお酒を頂くのですが、
いっしょに昆布とスルメが配られ食べました。
全国的には多い風習なのでしょうか、私自身は初めて。
一つ一つが、地域性を感じる貴重な経験となりました。


本件工事のご担当は、上越市を拠点にご活躍される
株式会社カネキ屋工務店さんです。
実施設計図をお渡しし同時に数社で見積り算出して頂く
「相見積り」を経て、施主・設計・関係者相談の上、
最終的に満場一致で決定いたしました。

地鎮祭後、カネキ屋工務店さんオフィスに移動。
本件施主と施工者の間で交わす「工事契約」の手続きが
行われました。
事前に準備頂いた書面を、皆で確認するかたちで進行。
木造の優しくシンプルなオフィス空間でリラックスした
雰囲気のなか、ご契約に立ち合うことが出来ました。

このオフィス空間の設計は、本件工事担当の小林さん
とのこと。とても素敵でした。



今回の建設場所は、海岸から1キロ圏内。
夏の蒸暑さと積雪ある冬の寒さ対応が必須となります。
その対策として本件建物で採用する水蓄熱システム担当
株式会社イゼナ前田さんに、終日ご助力頂きました。

イゼナさんの計画は、薪ストーブの熱を無駄なく蓄熱し、
人の出入りが頻繁な店舗と住空間を上手く暖めるという、
シンプルで新しい発想のしくみです。担当前田さんの
ご提案で、採用予定の薪ストーブを実際に燃焼させ、
現場に活かせるよう熱の伝わり方を専用の計器で計測・
分析する作業をご自身で行って頂きました。実験場所は、
本件薪ストーブ販売施工の有限会社グッドライフ上越さん。
担当の伊藤さんに、ご協力頂き無事実験が出来ました。
ありがとうございました。

雪降る町、上越市の店舗併用住宅「和定食屋さんの家」。
いよいよ着工です。



タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー:ワークス /最近の仕事, 日常, 縁側サンルームの家, 設計 2018年06月19日


愛猫Hanimaruくんの居場所でもある「縁側サンルーム」
のアイディアスケッチ。

愛猫と楽しく過ごせる家をご提案

横浜市内で土地を買って家を建てたいとお考えのご夫妻。
ご夫妻とも獣医のお仕事をされています。
欲しい家は、家族としての愛猫Hanimaruくんと、
快適に楽しく過ごせる家。
例えば帰宅時、窓越しに愛猫が出迎えてくれるような家。
ご夫妻が購入検討中の土地に、
そういう夢のある家が建てられるかが課題です。

リビングとの繋がりで、畳コーナーや縁側のような空間が
あると嬉しいと話された奥様。
多くの本をお持ちのご主人からは、沢山書棚があると
いいなあ、と話して頂きました。

以上、はじめてお会いした時にお話し頂いたことを
思いながらスケッチ&スタディを重ね案をまとめ2週間。
参考間取り図とイメージ模型を製作。
ご一緒にプロジェクトに取り組む中山建設さんの
ショールームにて、本日プレゼンテーションをさせて
頂きました。

「楽しい。こんな空間が考えられるんですね!」
「この土地を具体的に購入することを検討したいです。」
と、お話し下さいました。良かったです。


初回面談の時、奥様のスマートホンで見せて頂いた
愛猫Hanimaruくん。ぐっとイメージがわいてきました。


提案内容の工事費をご説明する中山建設中山さん。
工事費概算金額を算出して頂きました。

タグ:, , , , , , , , , , , , , ,