カテゴリー:フランス菓子工房, 日常, 設計 2013年12月24日

今年のクリスマスケーキは、特別なものとなりました。
~クリスマスまでに間に合わせたい~
オーナーシェフの強い思いを受け、スタートしたプロジェクト、
ケーキ屋さんリニューアル計画。
竣工した工場「フランス菓子工房」では、既に多くの
ケーキが生み出されています。

20131224_2

既存店舗の改装と、新たな工場新築を同時に行うため
休業期間を最短に抑えながら、法的整備や工事範囲のバランス、
リニューアルの価値を、関係者皆が感じることの出来る方針は何か、
何度もスケッチを重ねたことを思い出します。

20131224_1

実現したケーキ屋さんで作られるクリスマスケーキを買って、
自宅に持ち帰ることが出来るなんて、、。
ウレシイ!

20131224_3

~家族の反応は? ケーキすごーい!
もはや父が設計した工場で作られたことなど、どうでも良い雰囲気。
まあ、ケーキがとっても美味しいので、良しとしましょう!
メリークリスマス!!イイ夜です^^。

20131224_4

タグ:

カテゴリー:日常 2013年12月22日

20131222_3

一年のうちで日照時間がもっとも短くなる日「冬至」
我家では、お風呂に柚子を浮かべ、
家族皆いつもよりユックリ、イイ香りの湯を満喫。

ところが本日メインは、、、
弟夫婦が送ってくれた、大量のズワイガニとなりました。
ああ、なんという幸せ。弟夫婦よ、ありがとう。笑

20131222_5

そして、冬至にはカボチャを食べねば!
ということで妻が用意。ありがとう。
しかしカニの影に隠れ、少々地味な印象。ゴメンネ。

さて、カニは、そのまま食べても美味しいですが、
鍋に入れたり、長男が急きょ余ったご飯でカニチャーハンを
つくってくれたり、様々な味を楽しみました^^。

20131222_4

タグ:, ,

カテゴリー:街歩きブログ 2013年12月22日

20131222

ゲームソフトが欲しい次男。
そして、数日後に迫ったクリスマス。

自宅のクリスマスツリー頂部には、欲しいプレゼント
の内容が具体的に描かれたサンタさんへの大きな手紙が!
次男自ら、微調整を日々加えているようです。笑

始めは下の方にあったのですが、徐々に上の方へ。
サンタさんに思いが届くように、より見えるように。
ツリーの上の方へ、上の方へ。
もはや、ツリーのプロポーション度外視?!
夜空のサンタさんへ、次男の切実なアピールです。

なぜでしょう、ちょっと何かに似ていると思いました。
家族でよく行く、賑やかな街の看板です。

メッセージが届くように、夜空にアピール!
より高く、より大きく、より際立つように。

20131222_2

タグ:

カテゴリー:もう一つある家, ワークス /最近の仕事, 現場 2013年12月12日

20131212_1

外壁仕上げが完成しました。
外部足場がはずされ、新築住宅「もう一つある家」も、
ついに街並みへ参加!
シンプルで落ち着いた佇まいであることを再確認でき、
嬉しい気持ちです。
青空の下、中山建設中山さんと、棟梁秋元さんが
並んで見上げる姿が印象的。

本日は、中山さん、秋元さん、古川の3者で、屋内外各部詳細の
最終調整です。互いにその場でサンプルを仮設置したり、
必要に応じ作図スケッチするなど、
時間を掛けて隅々まわりました。

リビングダイニングのある2階では、設備配管工事、
断熱材工事が終わり内装下地のプラスターボード施工中。

上下階を結ぶ階段を中心に、ぐるりと回れるワンルームスタイルです。
屋根勾配をそのまま活かし、柱・梁等を現しとした空間。
~いよいよ完成が見えて参りました。

20131212_3

タグ:, , , , ,

カテゴリー:街歩きブログ 2013年12月9日

20131209

朝一の公園。

背負い式送風機のエンジン音が聞こえてきます。
落葉を園路外によけるメンテナンス作業に遭遇しました。
長い園路に、秋ならではの大量の落葉。

ランナーが通る時は作業を止め、
走り去ると作業再開。大変な作業です。
ジョギングやウォーキングを楽しむ人たちを気づかいながら
黙々と進めている姿が印象的。

市民の公園は、日々のメンテナンスに支えられています。
ありがとう! ~根岸森林公園にて。

タグ:, ,

カテゴリー:日常 2013年12月8日

20131208_1

休日の夕食。自宅で簡単メキシカン。

あつあつトルティーヤの具材は、
ビーフ・ファヒータ、チキン・ファヒータ、
アボカド、レタス、チーズ、塩コショウ、サルサソース、
チリソース、ケチャップ、マヨネーズ、、などなど

家族みな自由にチョイス&トッピング。美味い!
~そして得意の全部のせ中。
全部のせ美学。どの分野にも、あるよね~?!笑

カテゴリー:フランス菓子工房, ワークス /最近の仕事, 現場, 設計 2013年11月30日

20131130_1

地域に愛されるケーキ屋さんの、リニューアル計画。
工場機能拡張としての「フランス菓子工房」新築工事と、
同時に行われた、既存店舗「フランス菓子店」改築工事が
概ね終了しました。
関係の皆さま、ありがとうございました。

クリスマスシーズンを迎えた12月1日。
ついに、グランド・オープンです。

屋内では、スタッフの方々総出でオープンの準備。
屋外では、外装の最終調整工事が行われる中、
施工状況全体の確認を行いました。
訪れるごとに発見と魅力が増す店舗になるように思え、
嬉しい気持ちです。

設計者として関わることが出来た喜びと、感謝の気持ち。
そして、、ホッとしてます^^。

20131130_2

カテゴリー:フランス菓子工房, ワークス /最近の仕事, 現場 2013年11月25日

20131125_4

工場新築と同時に進行していた、既存店舗のリニューアル工事。
いよいよオープンまで一週間!
着工以来初、店舗を連続休業し、本日より
工事のラストスパートとなります。
電気工事吉田さん、クロス工事鈴木さん、左官工事名古屋さんなど、
相互に連携し、営業中は出来なかった各作業に着手。
再利用する備品を丁寧に取り外したり、つくり直す部分の下地を
施工するなどの段取りが行われていました。

20131125_1

出来る限り店舗休業期間を短くするため、
壁を境に、店舗スペースの拡張部分を先行して施工していましたが、
満を持して、本日ついに開通です。

20131125_2

電動ノコギリの爆音と、粉塵が舞いあがるなか、
新旧の店舗が、無事繋がりました。
この日を迎えられたことに感謝します。
~新しい店舗から差し込む光が、とても印象的でした。

20131125_3

カテゴリー:街歩きブログ 2013年11月23日

20131122_2

自然の地形に、うがたれたトンネル。
特に、双方を繋ぐ目的によって出来たトンネル空間は、
ドラマチックで実に魅力的です。

神奈川県立金沢文庫と、浄土庭園が魅力の名所「称名寺」を繋ぐ
20mほどのトンネル空間を体験しました。
称名寺へのメインアプローチは、正門となる赤門からが
有名なのですが、このトンネルをくぐり
光り輝く庭園に出るコースも中々オススメです。

トンネル内の壁面には、地域ゆかりの資料や絵画など、
ほどよい展示あり。薄暗さとあいまって、
感覚的に歴史を感じる事が出来るよう工夫されています。

トンネルにいざなわれ、浄土庭園の世界へ!
日本の橋100選に選ばれた太鼓橋が美しい。
実は、トンネルを歩むと真正面に太鼓橋が見える構図です。
おそらく偶然ではないように思いました。
だとしたら、すばらしい構想力ですね。

20131122_3

タグ:, , , , , , ,

カテゴリー:授業 2013年11月22日

20131122_1

関東学院大学 建築環境学科2年生の必修授業「建築設計製図Ⅳ」
学生の皆さんと一緒に、
第二課題「金沢文庫ミュージアム」の敷地を視察しました。

日本最古の図書館「金沢文庫」発祥の地。
1990年に建設された、神奈川県立金沢文庫に隣接する
公園内に、その別館としての「ミュージアム」を設計する課題です。

金沢文庫で実際に活動されている学芸員の方に、
設計する敷地の真ん中で、お話をお聞き出来るという貴重な機会。
歴史や文庫の保存・研究活動など、とても具体的なお話でした。

夕日をあびた少々控えめな公園。
学生諸君の新たなアイディアを待ち望んでいるようでした。笑

20131122_2